クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

その他の国

1997/9/14 ブラチスラヴァ

日帰りでのブラチスラヴァ観光のために、日本でビザを取ったことについては、プロローグで書いた。ベルリンの壁が崩壊し、東と西の冷戦構造が解消されたとはいえ、入国管理はまだまだ厳重。観光だけなのに審査がある。面倒くさいが、一方で、ちょっとエキサ…

2002/5/1 チャンピオンズリーグ準決勝2

2002年5月1日 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグ第2試合レアル・マドリード 対 FCバルセロナ マドリードとバルセロナの対立構造は、例えば東京と大阪のような「ライバル関係にある二大都市のいがみ合い」という単純説明で片付けるこ…

2002/5/1 マドリード3

スタジアムに到着すると、そこにはごった返すかのような人、人、人・・。これからスタンドに入場しようとする観戦者で溢れかえっていた。規制線が敷かれているわけでも、警官や機動隊が入場を制止しているわけでもない。見渡した限り、いつもの試合前の光景…

2002/5/1 マドリード2  テロ?

事件が起きた。レアル博物館見学を終え、午後8時45分キックオフの試合観戦に備えていったんホテルに戻るため、最寄りの地下鉄駅構内に降りようとした、ちょうどその時だった。時間は、午後5時頃だ。 ドーーーーーーーーーン 巨大な破裂音が付近一帯に鳴…

2002/5/1 マドリード1

早朝レヴァークーゼンを離れ、デュッセルドルフ空港からマドリードにやって来た。マドリード、この時2回目の訪問だが、前回2000年に初めて訪れた時の目的は、観光とサッカー観戦だった。今回と同様だ。 つまり、この時まだ私はマドリード王立歌劇場(テ…

2004/7/1 準決勝

2004年7月1日 準決勝第2試合 ドラゴン・スタジアム(ポルト) チェコ 対 ギリシャ 0-1 再びポルトガルに、そしてポルトに戻ってきた。いよいよ準決勝。この試合を観戦したら、今回の旅行はおしまい。ここにクライマックスを迎える、というわけだ。…

2004/6/27 準々決勝3

2004年6月27日 準々決勝第4試合 ドラゴン・スタジアム(ポルト) チェコ 対 デンマーク 3-0 この大会で、一人のゴールデン・ボーイが誕生した。チェコのFW、リヴァプール所属のミラン・バロシュである。記憶は若干定かではないが、おそらくこの…

2004/6/27 ポルト

準々決勝第4試合を観戦するため、リスボンからポルトに移動した。 「ここがポルトか・・・。」 正直、ポルトという都市がどこにあるのか、どんな都市なのか、ポルトガルの中でどういう位置付けの都市なのか、それまでよく知らなかった。ただし、「ポルト」…

2004/6/26 リスボン3

リスボン三日目。この日、ユーロ大会は、ファロという都市で準々決勝第三試合「スウェーデン対オランダ」が組まれていたが、私の観戦予定は無し。よって、丸一日観光に専念。 マルケス・デ・フロンティラ宮殿。 ポルトガルは、絵タイル装飾が有名で、写真に…

2004/6/25 準々決勝2

2004年6月25日 準々決勝第2試合 ジョゼ・アルヴァラーデ・スタジアム(リスボン) フランス 対 ギリシャ 0-1 まさかギリシャがベスト8までたどり着くとは予想しなかった。開幕戦でいきなり地元のポルトガルを破ったのは、上出来だ。続くスペイン…

2004/6/25 リスボン2

リスボン滞在二日目。さあ、市内観光を本格的に始めよう。 リスボンは丘が多い街だ。で、観光名所も、あるいは市内を望む絶好の眺望スポットも、多くが丘の上にある。徒歩だとキツイ。そうした時、バスやケーブルカーが威力を発揮し、観光客の足を助けてくれ…

2004/6/24 準々決勝1

2004年6月24日 準々決勝第1試合 ルス・スタジアム(リスボン) ポルトガル 対 イングランド 2-2(延長含む) PK戦 6-5 大挙して集まり、市街の広場を占拠していたイングランドサポーターだったが、さすがに開催国相手では多数派としての主導…

2004/6/24 リスボン1

ポルトガルを訪れて、いきなり驚いた。リスボン市内の地下鉄で、日本のSuicaやPasmoのような交通ICカードが導入されていたのだ。 2004年当時、日本では既にJR東日本がSuicaを導入していたが、それでも関東圏の私鉄では、磁気カードが主流。(パスネッ…

ポルトガルへの道(in 2004)

「1998年フランス大会」、そしてその次の「2002年日本・韓国共催大会」。サッカー・ワールドカップ観戦を二大会連続で果たし、各試合会場を駆け巡ったのは、サッカーファンの自分にとって大きな出来事だった。 「だったら、次はユーロだろ! 行くし…

2019/3/3 香港2

最終日。朝からずっとパラパラ雨。 夕方帰国のため、午前いっぱい観光ができる。ところが、天気が良くないこともあって、二人ともあまり観光意欲が湧かず、どこで何をしようかが決まらない。 こういう天気が悪い時は、博物館や美術館に行くのが賢明だ。Kく…

香港芸術祭

今年で47回の開催実績を誇る香港芸術祭。オペラ、演劇、中国戯曲、クラシック音楽、ジャズなどといった総合フェスティバルで、期間は毎年2月中旬から1か月。充実のプログラムは、なかなか目を見張るものがある。 特に、ゲストで、このフェスティバルだけ…

2019/3/2 ライプツィヒ歌劇場(香港芸術祭)

2019年3月2日 ライプツィヒ歌劇場(香港芸術祭) 香港文化センター ワーグナー タンホイザー 指揮 ウルフ・シルマー 演出 カリスト・ビエイト ダニエル・フランク(タンホイザー)、エリーザベト・ストリード(エリーザベト)、カトリン・ゲーリング(…

2019/3/2 香港1

私は決してグルメではないが、せっかくの旅行、せっかくの香港、美味しい食事にありつければ、そりゃもちろん嬉しい。 だからといって、美味しい物を追い求め、評判の良いお店を探す努力はしない。労せずに、たまたま入ったお店で美味しい物に巡り会えたら、…

2019/3/1 マカオ2

マカオ二日目。曇り。気温22度。 昨日の観光の続きで、元宗主国ポルトガルがアジアへのキリスト教布教の拠点として遺した旧跡などを辿る。教会などが含まれるこうした場所や一帯はまとめて世界遺産に登録されており、それらを巡るルートが観光コースだ。狭…

2019/2/28 マカオ1

突然ですが、マカオに来ています。 いや、何を隠そう私はギャンブラーでして、一攫千金を夢見て・・ なんて、そんなわけない。 昨年のちょうど今頃、香港に行った。香港芸術祭で、ウェルシュ・ナショナル・オペラの引っ越し公演による「ペレアスとメリザンド…

2018/10/8 清教徒

さて。 ここまでブッセート、そしてパルマを訪れ、オペラ鑑賞と併せて街を観光し、それを記事にしてきた。 この後であるが、旅行としては、あと二泊している。 しかし、観光はもう「ない」。 ここから先は、オペラ鑑賞記しか書けない。 なぜなら、日中は移動…

2018/7/17 イスタンブール

ミュンヘンからイスタンブールを経由する成田への帰国便。そのイスタンブール発のフライトは、なんと午前1時40分出発である。イスタンブールのアタテュルク国際空港は24時間空港なので、普通に夜中に飛行機が発着しているのだ。 こうしてトルコ航空でヨ…

香港あれこれ

香港旅行中に気がついたことをざっくばらんに書いてみる。 ただし、私は香港、中国の旅通ではない。(香港以外の中国には行ったことがない。)だから下記のことについては、何度も行っている人にとっては当たり前の常識かもかもしれない。 ・中華レストラン…

2018/3/17 ペレアスとメリザンド

香港芸術祭(HKアーツ・フェスティバル 中国語で香港藝術節)の存在を知ったのは、偶然だ。ネットで欧州の公演スケジュールを探そうとして、どういうわけかアジアに行ってしまい、そこで見つけた。 それまでは、まったく知らなかった。今年が第46回とい…

2018/3/17 香港2

香港二日目。曇り。 高層ビル群のてっぺんはガスっていて、よく見えない。前日登ったヴィクトリア・ピークも、下からは見えない。 ってことは、山の上からの景色は、本日はアウトだろう。 前日に登っておいて良かったぁ、と思ったが、香港のもう一つの絶景ポ…

2018/3/16 香港1

週末を利用し、昨日金曜日は休暇を取って、二泊三日で香港に来ている。 「何しに香港へ?」と思うかもしれないが、ちゃんと私らしい目的がある。 香港芸術祭というイベントが開催中で、多彩なプログラムの中にオペラ公演があった。ウェルシュ・ナショナル・…

2015/7/23 ヘルシンキ2

サヴォンリンナからヘルシンキに移動。天気は曇り。宿泊したホテルに自転車の無料貸出しサービスがあったので、これを借りて市内観光した。 ロシア正教の教会であるウスペンスキー寺院。 ヘルシンキのランドマーク、大聖堂。 どこの観光ポイントに行ってもそ…

2015/7/22 ボリス・ゴドゥノフ

2015年7月22日 サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル ムソルグスキー ボリス・ゴドゥノフ 指揮 レイフ・セーゲルスタム 演出 ニコラ・ラーブ 管弦楽 サヴォンリンナ祝祭管弦楽団 マッティ・サルミネン(ボリス・ゴドゥノフ)、アルテム・グルツコ…

2015/7/22 サヴォンリンナ2

サヴォンリンナ二日目。雨・・・。 晴れ男のオレ様の神通力は、ついにここで尽き果てた。とほほ。 まあ、仕方がないわな。ここまでよく晴れてくれたよ。こういうこともあろうかと、景観を楽しむことは昨日中に十分やっておいたし、写真もたくさん収めた。問…

2015/7/21 トスカ

2015年7月21日 サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル プッチーニ トスカ 指揮 フィリップ・オーギャン 演出 キース・ウォーナー 管弦楽 サヴォンリンナ祝祭管弦楽団 ジョアンナ・ルサネン(トスカ)、カメン・チャネフ(カヴァラドッシ)、エリア…