クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2021/10/16 N響

2021年10月16日   NHK交響楽団   東京芸術劇場
指揮  ヘルベルト・ブロムシュテット
レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)
ブラームス  ヴァイオリン協奏曲
ニールセン  交響曲第5番


94歳のブロムシュテットがやってきた。
コロナ禍という大変な中でも日本に来てくれる指揮者たち、ヤルヴィにしてもヴァイグレにしても、ノットもバッティストーニも、毎度感謝の念を込めながら会場に足を運んでいるが、今回のブロムシュテットほど「来日してくれるのか?」と気を揉み、開催決定のニュースが待ち遠しかった公演は無かった。本当によくぞいらしてくれました。

どうやら2週間の隔離は免除され、つい数日前に到着した模様。
そりゃそうでしょう。奇跡の指揮者、神様みたいな人ですよ、あーた。特別扱い、VIP待遇は当然。

緊急事態宣言が解除されたタイミングだったのも良かった。もし宣言期間中だったら、入場者数制限が課され、チケットの入手が難しくなるところだった。(実際、9月のN響の池袋C定期は、入場者数制限により、定期会員以外の一般申込みが不可となってしまい、鑑賞のチャンスを奪われてしまった。)

プログラムも、滅多に演奏されないニールセンが入り、期待が益々膨らむ。
ニールセンの交響曲は大好きで、これだけコンサートに足繁く通っている私でも、第5番はこれまでにたったの2回しか聴いたことがない。貴重な機会だ。
しかもブロムシュテットはニールセンを得意にしているらしく、過去にもサンフランシスコ響とデンマーク放送響とで交響曲全集を録音している。随分と昔、1988年10月、N響を振った第4番「不滅」の演奏は見事な演奏だったと、今もしっかりと記憶に残っている。

ということで、なんだか久々の外来オーケストラを聴きに出掛けるような高揚感、遠足に行く前夜の小学生のようなワクワク感。

そして、ステージにブロムシュテットが登場した。
割れんばかりの拍手の嵐。いやー、すごい。

皆が尊敬する老巨匠が指揮台に立った時、どのコンサートでも共通した現象が起こる。
会場の空気が一変するのである。

お客さんは、一音たりとも聴き逃すまいと、身構える。
オーケストラは、タクトから発せられる音楽的な導きを捉えようと、全力で集中する。
この時、一種異様とも言えるほどの緊迫感が会場を支配するのだ。

こうした場合、たいてい音楽は昇華していき、何とも言えない神々しさと峻厳さを湛えていくはず。
だが、ブロムシュテットは、そうなりそうでならない。あたかもそうした緊迫感からの解放を目指しているかのごとく、ひたすら自然で人間的で優しい。慈愛の精神に満ち、穏やかな笑みに包まれている。
これこそ、他のカリスマ巨匠とはやや一線を画した94歳ブロムシュテット現在の至芸なのであろう。そう思った。


前半でソロを務めたカヴァコス
2017年11月、同じくブロムシュテットが率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との来日公演にソリストとして同行し、その時はメンデルスゾーンのコンチェルトを披露した。マエストロとはタングルウッド音楽祭でも共演しているとのことであり、強固な信頼関係が構築されているに違いない。

今回の演奏には目を瞠った。技術的にも音楽的にも完成されており、本格的で、マスターの風格が漂っていた。これほど堂々としたブラームスを聴いたのは久しぶりかもしれない。


コンチェルト演奏終了後、お決まりのアンコール1曲の披露はいいとして、カーテンコールの行き来が難しくなっている老巨匠をその間指揮台にずっと立たせたままにさせるのは、ちょっとそれ、いかがなものか!?(笑)。

ステマネさんでもオケの皆さんでも、誰でもいいから、椅子くらい提供して差し上げてよ。心配しちゃうじゃんかよ。

もっとも、実は予めブロム翁さんに相談していて、「ん? そんなのいらんよ。ワシは全然大丈夫なんだよ!」みたいな返答があったのかな??(笑)

2021/10/14 東京シティ・フィル

2021年10月14日  東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団   東京オペラシティコンサートホール
指揮  高関健
ストラヴィンスキー   小管弦楽のための組曲第2番、ミューズの神を率いるアポロ、カルタ遊び、3楽章の交響曲


さすが常任指揮者の高関さん、豊富な経験と知識に基づいた、いかにもプロらしい絶妙の選曲プログラム・・と言いたいところだったが・・・。
実は、ほぼ同じプログラムを既にN響&P・ヤルヴィが2018年5月にやっている。組曲第2番を除いた3曲がかぶっているのだ。
もしたまたま偶然というのなら、それは残念無念。まさか「ちょっとパクっちゃいました」なんてことはないと思うが・・。

でも、よいよい。こういうプログラムは個人的に大歓迎だ。特に「3楽章」は好きな曲だし、知られざる名作だと思うので、こうして定期演奏会に採り上げてくれて、嬉しい。それに、シティ・フィルの方が1曲多くて、お得感があるではないか。

演奏については、一部もうちょっとクオリティを上げてほしいという箇所が散見されたものの、全体としては好演だった。特に後半は熱量も感じられ、ホールの空間がしっかりと振動した。

こうしたいかにもストラヴィンスキーらしい諧謔さや相反性が潜む作品で、複雑な構成を感じさず、きれいさっぱり、スッキリした味わいに仕上るのは、ひとえに高関さんの手腕によるものだろう。

この指揮者はとてもユニークだと思う。
タクトなんか超オーソドックスだし、見た目は中学のブラスバンドの顧問の先生って感じだし、カリスマ性という部分でどうなのかなーと思ってしまうのだが、きっと高い見識とスコアの解析能力で、並み居るオーケストラ奏者をあっさり納得させてしまうのだろう。
まさに、そうした一面が垣間見えたコンサートだった。

カラヤン指揮者コンクールジャパンで優勝し、そのカラヤンのアシスタントを務めたことがある、という経歴は伊達じゃない。
演奏前にマイクを持ってステージに登場し、作品解説を行ったが、「カラヤンは『ミューズを率いるアポロ』を得意にしていて、私も彼の指揮する演奏を10回は聴きました!」なーんて、ついつい昔の自慢話が出ちゃうわけだ(笑)。

2021/10/10 びわ湖ホール 「つばめ」

2021年10月10日   びわ湖ホール    滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(中ホール)
プッチーニ  つばめ
指揮  園田隆一郎
演出  伊香修吾
管弦楽  大阪交響楽団
合唱  びわ湖ホール声楽アンサンブル
中村恵理(マグダ)、熊谷綾乃(リゼット)、谷口耕平(ルッジェーロ)、宮城朝陽(プルニエ)、平欣史(ランバルド)   他


ちょうど同じ頃、東京の某コンサートホールでは、主催オペラで、ヴェルディの「トラヴィアータ」をまーたまたやっていた。
そんなバカの一つ覚え公演には一瞥もくれず、「もう一つのトラヴィアータ」と言われるプッチーニ秘蔵の名作「つばめ」を観るため、私は西に向かった。
 
もう一つのトラヴィアータ。
プッチーニの「つばめ」も、ヴェルディの「トラヴィアータ」と同様、19世紀頃のパリ社交界に存在したとされる高級娼婦の純愛物語である。その純愛の行く末は、一つは病いによって、もう一つは別離によって、成就せずに終わってしまう悲しいストーリーだが、双方ともそこに「結婚」という関門が立ちはだかる共通点を持っている。
ジョルジョ・ジェルモンが「娘の幸福な結婚のため、身を引いてほしい」とヴィオレッタに迫る時、あるいはルッジェーロが「お母さんに結婚の許可をもらったよ」と報告した途端、マグダが「無理~!」と言って去ってしまう時、つい「何でやねん?」とツッコミを入れたくなってしまうが、つまりその当時、決して越えられない身分社会の壁が存在していたわけだ。高級娼婦とはそういう階層の人だったということ。
 
この日、幕が開く前に今回の演出を担った伊香氏が舞台に登場し、簡単な作品解説を行った。
大抵の場合、こうしたお話は私にとって退屈なものだが、今回、演出家がきちんと上記のことについて触れていたのは、とても賢明だったと思う。まさに作品理解の助けとなるポイントであり、知らなければ上に書いたとおり「何でやねん?」とツッコんでしまうからである。
 
その伊香氏の演出、「どうせ筋書きどおりの、何の解釈も工夫もない演出だろう」とほとんど期待していなかったが、時代考証を緻密に調べ上げ、紗幕を使って映像を写し、古い無声映画風に仕立てながら、当時の世相や登場人物の想像の世界などを浮き彫りにしていた。これは上手くやったと思う。

一方で、どうしても舞台装置が簡素になってしまうが、これは予算の都合上、仕方がない。
いつも思うのだが、単独主催しようとするから予算が限られるのであって、国内の他の劇場と組み、お金を出し合って共同制作すれば、もう少しマシな舞台が出来るだろうし、出演者の活躍の場だって増えるだろう。どうしてそれをやろうとしないのか。私なんか不思議で仕方がない。
 

歌手について。
主役マグダを歌い演じた中村恵理さんが、さすが、圧巻の出来栄えだ。
ていうか、そんなことくらい、もう最初から分かっていた。実力は折り紙付きなのだ。

そんな彼女のキャリアについては、以前から注目しながら見守ってきた。
新国立劇場オペラ研修所の出身で、同劇場のデビューが「フィガロの結婚」のバルバリーナ。そのほか「トゥーランドット」のリューとか、「ファルスタッフ」のナンネッタとか、どちらかというと軽い役がレパートリーの柱だった。
やがて海外にも進出して活躍するようになり、徐々に声質や役柄も変化を遂げ、今や堂々とプッチーニ・オペラの主役を担うまでに成長した。
昨年のゴールデンウィーク、コロナのせいでつぶれてしまったが、本当は私はアメリカのフィラデルフィアで、彼女の蝶々夫人を聴く予定だった。その彼女の蝶々夫人は、再来月の新国立劇場で聴くことが出来る。


中村さん以外の歌手についても、皆高水準がキープされていて、不満はない。
これは、合唱パートも含めて、びわ湖ホール声楽アンサンブルのレベルの高さを顕著に示すものであろう。


それにしても「つばめ」(ロンディーヌ)、改めていい曲だと思う。
なんでこんなに素晴らしい曲があまり人気がなく、まったくと言っていいほど上演されないのであろうか。私にはさっぱり分からない。

ストーリーが共感されないからであろうか・・。
確かに結末は突拍子もないが、それは上に書いたとおりだ。それを言うのなら、ヴェルディのトラヴィアータだって、十分にツッコミどころ満載じゃないか。

やっぱり、蝶々夫人、ボエーム、トスカのように、最後はヒロインが死ななきゃダメだってか?
人呼んで「女殺しのプッチーニ」だもんな(笑)。

2021/10/10 関ヶ原

「名古屋はあくまでも寄り道」
そう前々回のブログ記事で書いた。
では今回の旅行、何が目的か。
「どこで何を鑑賞するのか」という言い方の方が正しいかもしれない。
 
答えは、びわ湖ホールで上演されるプッチーニの「つばめ」(10月10日(日)午後2時開演)。
なかなか上演されないプッチーニの秘蔵の名作をやるというのなら、日本全国どこにでも飛んで行くぜってなもんだ。
 

さて、9日に名古屋フィルを聴いた後、どこに泊まり、オペラの前の10日午前中をどこで過ごすか、ということについては少し悩んだ。
そのまま名古屋に泊まってしまうと、翌日は滋賀への移動だけで終わってしまう。それはもったいない。せっかくだから、どこかで観光したい・・・。
 
色々と検討した結果、決まったプランがこれだ。
・9日は名古屋に泊まらず、更に移動して岐阜に泊まる。
・翌日朝、関が原に移動し、午前いっぱい「天下分け目の決戦地」を観光する。
・お昼に滋賀県大津に移動し、午後2時からオペラ鑑賞。
 

関が原の戦い。
日本の歴史上で最も有名な戦(いくさ)ではなかろうか。その名をまったく知らないという日本人は、きっといないはずである。
全国の名だたる武将を巻き込み、石田三成率いる西軍と徳川家康率いる東軍が激突した合戦。
別に私はそれほど歴史好きではないが、やはりこの有名な戦場は一度くらい訪れてみたいとかねがね思っていた。東海道新幹線を利用して付近を通過する時、「ここら辺かぁー」と毎度窓の外の景色を眺めていた。今回そのチャンスが到来したというわけだ。
 
そんな私であるが、おそらく大多数の日本人と同様、「石田三成徳川家康が戦い、徳川家康が圧勝した」くらいの浅知識しか持ち合わせていない。
どういう時代で、どういう背景があって、どんな戦国武士が参戦し、どんな戦いだったのか。
こうした史実を知っているのと知らないのでは大違いだと思い、出発前に少しお勉強しました(笑)。
 
ということで、いざ決戦の舞台へ。 「プォーー」(ほら貝の音)
 
エリアは、両軍勢が相まみえて戦った所だけでなく、各武将たちの陣地跡など、見どころが半径2、3キロ以内に点在している。リサーチしたところ、ダイジェストのお散歩コースもあるが、あちこち巡りたいのなら、レンタサイクルが最適だということが分かった。
 
で、市の観光案内所で借りたのが、電動補助付自転車。わたくし、生まれて初めてこの電動とやらに乗りました。
 
いやー、驚いたでござる。楽だね~! ちょー優れモノ。ほんのちょっと踏み込むだけで、グイッと加速をアシストしてくれるのだ。すごいなあ。
 
肝心の合戦の場についてだが・・。
うーむ・・。確かに雰囲気はある、雰囲気はあるのだが・・・。
400年前の出来事なわけだしなあ。悠久の時、兵どもの夢の跡を肌で感じることが出来たかといえば、若干微妙(笑)。
 
ま、サイクリングは楽しかった、ということで。
 
歴史体験ロマンよりも現代テクノロジーの粋に驚嘆した、とあるオヤジの休日のひととき・・。

f:id:sanji0513:20211011152940j:plain

 

2021/10/9 名古屋フィル

2021年10月9日  名古屋フィルハーモニー交響楽団   愛知県芸術劇場コンサートホール
指揮  大植英次
渡辺玲子(ヴァイオリン)
バーンスタイン  キャンディード序曲、セレナード-ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のための(プラトンの「饗宴」による)
バルトーク  管弦楽のための協奏曲


埼玉県民のオイラが愛知県芸術劇場を訪れたのは、今回で2度目だ。ただし、前回はオペラだったので、舞台装置機構を持つ大ホールの方だった。今回はコンサートホール。パイプオルガンを備えた本格的なクラシック専用ホールである。残響もしっかりあって、心地良い音響だ。

さて、この日のプログラムであるが、これはなかなか興味深い。前半に大植英次の師匠バーンスタインの2作品が並んだからである。


バーンスタインの日本人弟子としては、小澤征爾佐渡裕が有名だが、この大植英次もその一人。
1990年、バーンスタインが亡くなる直前、最後となった来日公演(ロンドン交響楽団)ツアーに、大植さんは同行している。
当時、無名。
で、お客さんはもちろん全員がバーンスタイン目当て。
ところが当のバーンスタインは、才能ある(?)日本人指揮者を急遽抜擢し、なんと自分が振るコンサートの一曲、自作のウェストサイドストーリー「シンフォニックダンス」の指揮を、それこそ勝手に(!)大植氏に委ねてしまったのだ。

バーンスタインからしてみれば、「良かれ」の思いからであろう。日本公演なのである。新人の日本人指揮者がそこに登場し、見事に成功すれば、きっとセンセーションになるはず。
いかにもシンデレラストーリーが好きそうなアメリカ人の発想だ。アメリカン・ドリームってやつ。

ところが、これが完全に裏目に出た。逆の意味でセンセーションに発展してしまった。日本のクラシックコンサート史上に汚点を残す事件の一つになったと言っていいだろう。
会場に到着してからそのことを知ったお客さんが「ふざけんなよ」と憤慨し、終演後、主催者に詰めかけ、抗議を行ったことが、マスコミを騒がすニュースになってしまったのである。

そりゃあそうだよなあ。
だって、バーンスタインを目当てにめちゃくちゃ高いチケット代払ってるわけだし、バーンスタインの自作自演を聴く貴重な機会を奪われたわけだから。私自身もびっくりしたし、当然頭にきた。

そんな曰く付きエピソードが備わった大植英次バーンスタイン作品演奏。
私が彼の指揮でバーンスタイン作品を聴くのは、なんとその1990年のロンドン響以来、30年ぶりなのである。いやー、感慨深いね。


エピソードといえば、この日の2曲目、セレナードもまた然り。
ていうか、エピソードというより、これはもうほとんど伝説に近い。
御存知、五嶋みどりが14歳の時、天才少女としてアメリカで頭角を表し、バーンスタイン指揮によってソロを務めたコンサートで、演奏中、弦が2度も切れるというアクシデントに平然と対処し、最後まで演奏し切ったという武勇伝。いわゆる「タングルウッドの奇跡」。この時彼女が演奏した作品が、このセレナードなのであった。

改めてこの作品を聴いてみると、すっげー難曲。弦が切れちゃうのも分かるわなあ、って感じ。変拍子の嵐だし、とてもじゃないがそこらの14歳の少女が弾きこなせる代物ではない。
まあだからこそ、天才と称され、伝説になっちゃうわけだよな。

この日の渡辺さんの演奏は、さすがの貫禄。
そういえばこの渡辺さんも十代でセンセーショナルにデビューし、天才少女ともてはやされた技巧派だったのだ。


バルトークも含めて、もう一度大植さんのタクトの話に戻ろう。
なんだか円熟の業を感じる。昔は腕がブチ切れるのではないかと思うくらいブンブン振ってオーケストラを引っ張っていたが、今は程良い加減で巧みにコントロールしているのが目に付く。

ただし、オケコンに関して言えば、もっと鋭く尖ったギラギラの演奏であってほしい。もちろん個人的な趣味、感想なわけだが。
名古屋フィルの演奏水準は高く、ハイスペックだったので、あの角の取れたまとまり具合は、大植さんが構築した音楽作りの賜物で間違いなかろう。

まあ、それも含めて、上に書いたとおり「円熟」ということなのかもしれないが。

2021/10/9 名古屋

名古屋に来たがやぁ。

といっても、ここが最終目的地ではありません。名古屋はあくまでも寄り道。
寄り道で、ちょいと名古屋フィル、聴きます。

その前にせっかくなので、観光。 祝!緊急事態宣言解除。
名古屋城

f:id:sanji0513:20211009193335j:plain

f:id:sanji0513:20211009193356j:plain


実はこの名古屋城も、単にブログ掲載の写真に欲しかっただけ。本当に行きたかったのは、ヤマザキマザック美術館。ここは知る人ぞ知る、隠れ家的名美術館なのだ。

ヤマザキマザックとは、工作機械を制作する企業。そこの創業者が収集したコレクションを公開展示している。
コレクションの中心は、主としてロココ時代のフランス絵画と、アールヌーヴォーの工芸品、家具など。
特に絵画に関しては、ブーシェフラゴナール、ヴァトー、クールベシャルダンなど、傑作が多く、目をみはる。館内の雰囲気も良く、フランス国内の美術館で鑑賞しているかのような錯覚さえ覚える。

f:id:sanji0513:20211009193419j:plain

海外に久しく行けてないので、この雰囲気はいいね~! 

2021/10/1 新国立 チェネレントラ

2021年10月1日   新国立劇場
ロッシーニ   チェネレントラ
指揮  城谷正博
演出  粟國淳
管弦楽  東京フィルハーモニー交響楽団
ルネ・バルベラ(ドン・ラミーロ)、上江隼人(ダンディーニ)、アレッサンドロ・コルベッリ(ドン・マニフィコ)、脇園彩(アンジェリーナ)、ガブリエーレ・サゴーナ(アリードロ)、高橋薫子(クロリンダ)、斉藤純子(ティスベ)


新国立劇場が創設されてもうすぐ四半世紀・・。
その間にロッシーニ作品が上演されたのは、定番のセヴィリアとこのチェネレントラの2演目しかない。たったの2つ。
何なんだろうね、ほんと、まったく・・。

チェネレントラの前回の新国プロダクションを観たのは2009年6月。
その時のキャストを見ると、アンジェリーナ役がV・カサロヴァ、ドン・ラミーロ役がA・シラグーサ、ダンディーニ役がR・デ・カンディア、ドン・マニフィコ役がB・デ・シモーネ、アリードロ役がG・グロイスベックとまあ、錚々たる顔ぶれ。
かつて新国立劇場は、世界の一流歌手を呼ぶ力があった。
あれから12年・・。
何なんだろうね、ほんと、まったく・・。


などと、とりあえずはまず、いつもの新国に対する不満をぶちまけた上で、昨日の新演出プレミエを振り返ってみよう。

昨日の初日を鑑賞した人も、あるいはこれからの2回目以降を聴く人も、必ずやほぼ全員が共通、意見が一致するであろう、第一の感想。

「アンジェリーナ役の脇園さんが素晴らしい!」

私は初めて彼女の歌声を聴いた。
もちろん、これまでに彼女の上々の評判は耳に届いていた。「どれどれ、どんなもんじゃい」と聴いてみたが、なるほど、その看板に偽り無し。ロッシーニ歌いとしての歌唱技術、装飾法、表現力など一様に秀でている。

その才能の開花に大いに納得。なぜなら、彼女はロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ペーザロ)のアカデミー出身だからだ。

私はこのアカデミーの水準の高さを知っている。2012年ペーザロでのフェスティバルで、アカデミー研修生による「ランスへの旅」公演に接し、そのレベルに驚嘆したからである。
脇園さんがアカデミーに参加したのは2014年とのことなので、ちょっとタイミングが合わなかったが、もし目の当たりにしていたら、今の活躍をより嬉しく思ったことだろう。

ロッシーニ・ブッファ歌いとして世界的に名高いコルベッリ。コロナ禍で外来演奏家の来日が困難な中、彼が本プロダクションに参加してくれたのは朗報だった。今回もベテランならではの味わい、円熟の至芸を見せつけてくれたのは良かったが・・・歌唱技術的にはちょっと衰えを隠しきれなかったか。ま、仕方がないけど。

ダンディーニの上江さんはねぇ・・・。
日本人としては申し分ない。日本人としては、ね。
ロベルト・デ・カンディアで聴きたかったなあ・・・。
ダンディーニ、重要な役なんだよなー。
スミマセン。


粟國さんの演出。
良かったと思います。多分、私がこれまでに観た粟國演出の中で一番良かったと思う。

チェネレントラを映画に撮影するという読替仕立ては、アイデアとしては面白い。
ただ、別にそんなことをしなくても、舞台として完璧に出来上がっていたし、ファンタジー溢れる演出でお客さんを楽しませていた。
そうなると、常に舞台に登場する撮影班が、果たしてどこまで必要な存在だったのか、ちょっと首を傾げてしまうかもしれない。

読替演出を見せつけられると、私なんか、つい一生懸命深読みをしてしまうのである。
ドイツの劇場に行くと、知的なセンスを求められる舞台ばっかりだからね。
だから、冒頭の第一幕序曲の演奏の最中、映画撮影の舞台裏シーンが展開されると、そこに絶対何か布石が打たれているに違いないと思い込み、登場人物一人一人の演技の意味などを必死に頭の中で考えを巡らせたわけである。
ところが、それが単に「映画撮影の舞台裏の、忙しない一コマ」でしかないと後で分かった時、「なんだよ、それ!」と猛烈にツッコミを入れたい衝動に駆られた。

だったら、読替えなんかしないでストレート勝負だけで良かったんじゃないの? などと思うわけ。
だってさぁ、元々読替えじゃなくてストレート勝負が得意な演出家さんなんでしょ??(笑)