クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2022/1/19 藤田真央 ピアノリサイタル

2022年1月19日   藤田真央ピアノリサイタル  東京オペラシティコンサートホール
ショパン  2つのノクターン、バラード第3番
リスト  バラード第2番
ブラームス  主題と変奏
クララ・シューマン  3つのロマンス
シューマン  ピアノソナタ第1番


今、日本人の若手ピアニストの中でもっとも内外で活躍している一人であり、なおかつ今後の更なる飛躍も期待されている俊英、藤田真央。
思わず「真央くん」と呼びかけたいくらい顔もかわいくて、優しそうな笑顔がチャーミングで、女性ファンが多いのも大いに納得。私の隣の席の御方は、連れの人と「まだ1月なのに、今年もう3回目の追っかけ!」なんて会話をしていた。すげー。
単なる人気先行であれば困ったものだが、実力もガッチリ兼ね備えているので、苦言の一つも出てこない。天というのは時に二物という不公平を与えるのである。

彼、昨年に開催されたショパン国際コンクールの挑戦を検討していたそうだ。
ところが、なんとまあ、エントリーを忘れちゃったんだとか。
なんじゃそりゃ(笑)。
天下のショパコン、そこに命を懸けている人なら、忘れるなんて、そんなのありえない。それを忘れたということは、もしかしたら、チャイコの関門を通過し、順調に本格的な演奏活動に移行して、既に絶対的なものでなくなった、ということなのだと思う。

それでも、「もし出場していたら??」と勝手な夢想をしてしまう。
きっと反田恭平くんらと上位を争い、激しくしのぎを削ったことだろう。久々にクラシックの明るい話題、日本中が沸いたニュースだっただけに、ちょっと惜しかった気もするな。


さて、そんな真央くんのピアノリサイタルである。
ステージに登場する姿なんか、堂々とした感じが微塵もなく、飄々として、なんだか普通の学生の兄ちゃんみたい。
それがひとたびピアノを鳴らせば、めくるめく打鍵と音階の炎が狂おしいばかりに立ち籠める。たった1音で「あ、コイツ只者じゃねえ」と思わせる熟達の凄業師。かわいい顔をしているが、気をつけろ、この男切れ者なり。

作品、作曲家によって、変幻自在なタッチにより情景や表情を一瞬にしてチェンジさせるドライブコントロールも卓越、圧巻だ。

思わず腕を組み、唸り、考えてしまった。

藤田真央は天才なのだろうか?

つまり、あの煌めきの演奏は、思考によって成し遂げられているのか、それとも内面から沸き起こる溢れんばかりの音楽的衝動に従っている成果なのか。
そして、優しそうな見た目と、獰猛なピアニズムの烈しいギャップ・・・。

一人の若者を思い起こしてしまった。
将棋界の天才にして若き風雲児、藤井聡太

何だか私には同類、同じ匂いがするのだが・・果たして如何。

2022/1/15 東京シティ・フィル

2022年1月15日  東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団  東京オペラシティコンサートホール
指揮  高関健
戸澤采紀(ヴァイオリン)
ブリテン  ピーター・グライムズより 4つの海の間奏曲
ラロ  スペイン交響曲
メンデルスゾーン  交響曲第3番 スコットランド


この日、本当はアイスホッケー(栃木日光アイスバックスのリーグ戦)を観戦するために、日光に遠征するつもりだった。ところが、突如試合は中止。てっきりコロナ感染拡大による影響かと思ったら、なんと、選手に感染者が出てしまったらしい。
だとしたら、まあ仕方がないか・・。

欧州サッカーでも選手が感染する事態があちこちで発生しているが、あっちでは当該選手は離脱しても、基本試合は行われている。(もちろん、よほどの場合は別)
翻って、万全に万全を期して試合の中止を決めてしまう日本。
どっちがいいのかと言えば、国民気質からすると「そりゃ日本」ということなのかもしれないが・・・やっぱり国民気質の違いだな。


ま、とにかくそういうことで、元々行こうかどうしようか迷っていた本公演に急遽行くことにした。チケットは当日券。

この公演は、シティ・フィルのコンサートマスター戸澤さんと、その娘さんである采紀さんの親子共演が話題だ。
戸澤采紀さんについては、コンチェルトのソリストとして既に幾つかの日本のオケ公演に出演していたので、名前だけは知っていたのだが、そうかー、シティ・フィルの戸澤さんのお嬢さんだったとは・・。

こういう時、お父さん、それから娘さん、それぞれどういう心境なんだろうねぇ?

パパとしては、そりゃ嬉しいだろうねー。心の中ではニヤニヤが止まらないだろう。一方で、お嬢さんがしっかり演奏できるか心配、ハラハラドキドキだったりして。

娘さんはどうかといえば、きっと嬉しさと、照れくささと、「私は『戸澤哲夫の娘』ではなく、『戸澤采紀』よ!!」の自立心が微妙に交錯、みたいな感じか?

もちろんお二人とも、ステージ上ではそうした内心を包み隠し、平静を装って、普段のとおりのコンチェルトが淡々と演奏された。そこらへんはプロだし、当たり前だろう。むしろ、通例の儀式、ソリストコンマスの握手ならぬ腕タッチの場面で、会場の方が「その瞬間を待ってました!」とばかり、沸いてましたね。

肝心の演奏についてだが、親の七光りではない、堂々たる腕前を披露。ラロのエキゾチックさを醸し出そうと、風を切るような颯爽とした表現の工夫も垣間見えて、面白い。ほう、結構やるじゃん。
ただし、貫禄や風格も含め、まだまだ完成品には至らない。もう一皮剥けてほしい。
逆に言えば、もう一皮剥ける余地がある。それはとりもなおさず将来性があるということであり、伸びしろがあるということ。是非良い方に取ってほしい。


プログラム全体の感想と高関さんのアプローチについて。
毎度のことながら、高関さんのプログラムの選曲には、こだわりや一貫性が透けて見える。配布されたプログラム・ノートにも記載されているとおり、この3曲にはイングランド、スペイン、スコットランドといったローカルの情景、憧憬が映し出されているのだ。

だったら、もうそのまんまイメージの描写を演奏に落とし込めばいいのに、決してそうはしない。アプローチの源は、結局ブリテン、ラロ、メンデルスゾーンのスコアである。
特に、メインのメンデルスゾーンなんか、ドイツ・ロマン主義のもろ徹底ぶりで、スコットランドの欠片もなく、思わず笑える。

いや、それはそれで良い意味で潔い。
考えてみれば、メンデルスゾーンだって、スコットランドを単なる題材にしただけの、自らの作風の確立を目指していたかもしれないのだ。

そういう意味では、演奏からはちゃんとブリテン、ラロ、メンデルスゾーンの本質が聴こえてきた。ならば、それでいいじゃないですか。さすがじゃないですか。

東京フィルの決断

今月の東京フィル定期演奏会マーラー交響曲第3番を振る予定だったチョン・ミョンフンの来日が叶わず、昨日に公演中止が発表された。
これはある程度、いや、完全に想定されていたことだった。
オミクロン株対策として政府が導入した外国人入国禁止措置は、当初は12月末までだったが、当然これに留まらず、1月も継続。更なる再延長も不可避の情勢だった。
外国人指揮者やソリストなど演奏家を招く予定だった主催団体は、相次いで公演中止や演奏家の代替を発表。我々ファン、愛好家も、「こりゃ東京フィルのチョン・ミョンフンもダメだわな・・」ととっくに諦め、冷静に状況を見つめていたのであった。

にも関わらず、当の主催者である東京フィルは、なかなか正式発表しなかった。1月中の解除どころか、逆に再延長「2月末まで」と政府が発表したところで、ようやく中止の決断に至ったわけである。


これについて、一部SNSなどネット上で「発表が遅い」「いったいどうなっているのかの情報提供、報告が無い」などの声が上がった。

確かにファンからすれば、どっちつかずのままなかなか正式発表されないのはヤキモキする。「早く決めてくれないと、自分の予定が組めない」といった問題も生じるので、そうした声はやむを得ない部分もあろう。概ね理解するものである。

一方で、他の団体が早々に招聘を諦める中、東京フィルだけが簡単に諦めず、望みを捨てず、最後の最後まで可能性に賭け、当局との交渉をギリギリまで続けていたのだとしたら、私なんかはその心中を察し、労いたい気持ちでいっぱいになる。その発表の遅さゆえに、無念さ、悔しさがひしひしと伝わってくるのである。
それは、以前に放映されたNHK-BS1スペシャルの、コロナに見舞われた東京フィルとチョン・ミョンフンの公演の開催実現に至るまでを収めたドキュメンタリー番組を観た方なら、きっと分かるだろう。彼らの奮闘ぶり、努力、そして苦悩は、大いに共感できるのだ。


公演の中止を簡単に決めたくないというのは、単純に彼らの経済的な死活問題に関わるから、というのもあるだろう。
だがそれ以上に、「マエストロと共に音楽を作りたい、音楽の真髄を極めたい」という情熱の表れではないか。
だとすれば、これぞまさにプロ演奏家の矜持と言っていい。

そういうわけだから、彼らにとって、指揮者の変更、プログラムの変更はありえない。チョン氏の代わりはいない。よって中止にする。忸怩たる思い、苦渋の決断であるにせよ。

この潔い決断に、私はうっすらと感動を覚える。本当は相応しくないかもしれないが、思わず拍手を贈りたい衝動に駆られる。


個人的な本音を言えば、外国人入国禁止措置なんかしたって、オミクロン株は絶対に入ってくるし、実際入ってきて蔓延している。だから、そんな出来もしないゼロコロナではなくwithコロナ、どうやって対処し、経済との両立を図るかを検討する方がよっぽど重要なんじゃないかと思う。一流演奏家の演奏も聴けないという悲しい思いもあるし、しわ寄せを飲食店に一方的に押し付けるやり方も何か違うと思うし、私自身は我が国のコロナ対策に不満を燻ぶらせている人間だ。

だが、少なくとも外国人入国禁止措置に限っては、残念なことに国民の大多数が賛成・支持。私は少数派なのである。だから、仕方がない。

ここは我慢して待つしか方法がない。
チョン・ミョンフンのマラ3、聴きたかったよな・・・。

2022/1/8 東京芸術劇場コンサートオペラ

2022年1月8日  東京芸術劇場コンサートオペラ
指揮  佐藤正浩
管弦楽  ザ・オペラ・バンド
合唱  武蔵野音楽大学
プーランク  人間の声
森谷真理(女)
ビゼー  劇音楽「アルルの女
松重豊(語り)   他


1 プーランク  人間の声
初めてこの作品を聴いたのは、2004年5月。パリ・シャトレ座とジェシー・ノーマンによるプロジェクトで、シェーンベルクの「期待」とダブルビルだった。
ノーマンの歌唱が圧倒的ではあったものの、事前に予習せず、ぶっつけ本番で聴いたこともあり、何を隠そう作品自体には強い印象が残らなかった。

年月が経ち、「カルメル派修道女の対話」が大好きですっかりハマっている今なら、この作品の良さ、面白さを十分に理解することが出来る。響き、音楽の作り方の随所に、「カルメル」との共通性、プーランクの個性を見出せるのである。
考えてみれば、「カルメル」は「ダイヤログ=対話」と言いつつ、実際はモノローグで組み立てられているようなもの。両作品とも、孤独、葛藤、追い詰められた人間の弱さ、怖さといった内面が表出しているので、作風が似てくるのは当然かもしれない。

そうした心の深層劇を一人で背負い、具現化した森谷さんの歌唱は、称賛に値する。

興味深かったのは、モノローグが終始一貫して音楽的で、しっかりとプーランクのスコアに留まっていたことだ。

比較するのはなんだが、私がこれまでに映像などで観てきた他のソプラノ歌手(外国人)は、その多くがドラマチックさを強調した演技と激白により、音楽を飛び越えて、舞台心理劇にフォーカスしようとするアプローチを取っていた。
これはもしかしたら、オペラかコンサート形式かの違いによるものかもしれない。譜面を使用し、演技を最小限にした賜物だろう。
ただし、最初からスコアの忠実性を狙った役作りだったのか、それとも楽譜を見ながら歌った結果、“そうなってしまった”のかは、はっきり言ってよく分からない。

その分、オーケストラの演奏がそうした劇的効果をカバーしていたのは、指揮者による作品全体のまとめ方、仕上げ方が上手だった、ということだと思う。


2 劇音楽 アルルの女
広く知られている組曲ではなく、劇音楽による全曲を聴いたのは初めて。
全曲演奏される機会がほとんどないというのもあるが、そもそも組曲の方だって私はコンサートでほとんど聴いたことがない。初心者向けと言える作品なので、普段自分が通うコンサートのプログラムになかなか入ってこないのだ。

そういうことで、今回は貴重な公演。「アルルの女」の物語も、初めて全容を知りました。
四角関係、魔性の女と清楚な女の対比、そしてクライマックスの悲劇・・・。
なんじゃい、ほとんどカルメンじゃんか(笑)。
ビゼーはこうした物語が好きだったのかねー。

似ていると言えば、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」を彷彿とさせるものもある。
共に、田舎の物語。田舎であるが故に、そこに世間体やムラ意識が存在し、狭い世界の中で歯車が狂いだす。
一方で、カヴァレリアもアルルも、登場人物のキャラクター、そこに寄り添う音楽、こうした素材は純朴そのものだ。特にビゼーの音楽はとことん優しく、のどかで心地良い。

これまで、組曲はてっきり劇音楽の単純な抜粋版なのかと思っていたが、そうではなく、それ用に新たに編曲し直したんだね。オーケストレーションも異なっているし、あのフルートとハープの旋律で有名なメヌエットが劇音楽版に無い、という事実を知ってビックリしました。そうだったのかー。


松重豊さんを始めとする俳優さんたちの朗読、素晴らしかった。普段、テレビや映画などで役者さんたちのセリフの言い回しを何気なく聞いていたが、その話術は高度な鍛錬の上に築かれた芸術品である。思わず惹き込まれた。
「プロだなー」と思いました。

新型コロナウィルスの影響9

感染者数が一気に増加してきた。
感染力が強いとされるオミクロン株の影響であることは、もはや明白。世界的にもオミクロン株が猛威を振るっているので、国内に入ってくることは時間の問題だった。いくら外国人に対する入国制限を課したところで、日本人は帰国してくるし、治外法権の米軍も入ってくる。完全に防ぐことなど、絶対に不可能なのだ。

テレビの向こう側では、いつもの評論家、専門家、政治家、行政リーダーたちが、しきりに警告を発しながら騒いでいる。このままでは、またまた「移動、外出、集まりの自粛」、「飲食店の時短と酒類の提供自粛」を要請し、やがて緊急事態宣言の方向に向かっていくのだろう。

アホくさ・・・。
アンタたちには「学習する」ということが出来ないのか? 世間的にはアタマのいい連中なんだろ?

つい先日、日本医師会の会長が記者会見し、「第6波が来ている!」などと宣い、「感染対策の徹底を!」なんて言っているのを聞いて、思わず笑ってしまった。
そんな言葉は、小学生でも言えること。
あんたが言わなければならないことは、いかに医療体制を確保するか、そのために医師会として何をどのようにしていくか、という方策だろう。
ほんとバカじゃないの? 呆れて物が言えない。

真に警戒すべきことは何か。
それは医療がひっ迫し、重症者が増え、死亡してしまう人が現れてしまう事態だろう。
ならば、それを踏まえた状況は現在どうなっているのか。
そうした情報提供こそが重要なのに、マスコミも相変わらず「感染者数」の一辺倒。


欧米でオミクロン株が猛威を振るっているのに、その欧米で「医療崩壊で死者続出」というニュースが出てこないのはなぜ?
昨年の第5波で、欧米よりも圧倒的に感染者数が少ないのに、日本で医療崩壊が起きたのはなぜ?
現在、国民の大多数がワクチン接種を完了し、第5波の時とは状況が異なっているのに、相変わらず前回と同じ警告、同じ対策しか打ち出せないのはなぜ?
ワクチンって、本当に有効なの?
そもそもオミクロン株は本当に脅威なのか?(重症化しないというレポートあり)
インフルエンザのような扱いに出来ないのはなぜ?

我々が知りたいのは、こうしたことなのだ。頼むから、こうしたことをきちんと科学的に検証し、しっかりと国民に説明してほしい。

感染者数の動向に関してYahoo!ニュースにトピックスが掲載されると、その記事に多くのコメントが書き込まれる。
そのコメントを眺めていると、多くが上記の私の意見と同趣旨であることに気付く。

つまり、国民はちゃんと分かっているのである。

多くの下々の人間が気が付いているのに、どうしてお上の連中(マスコミ含む)は気が付かないのだろう。

私は不思議で不思議で仕方がない。

スダーン先生

水際対策の外国人入国制限措置前である11月に入国し、その後、来日できなくなった他の外国人指揮者の代役を幾つも引き受け、現在大活躍中のユベール・スダーン
先月末、東京交響楽団の1月22日公演の代役指揮を引き受けたことが発表され、「1月末まで滞在延長するんだー!? すっげー!」と驚いたところ、今度は2月8日の札幌交響楽団東京公演の代役指揮を引き受けたことが発表された。

マジか~!?  びっくり。

あのー・・・。
どうしちゃったんすか、スダーン先生。
もしかして・・・おヒマですか?(笑) スダーン先生。
それとも、お国に帰りたくない何かご理由でもあるんすか、スダーン先生。
日本でのお仕事はそんなにもおいしいんですか、スダーン先生。
スダーンせんせーぃ!!(笑)

正月の恒例番組

明けましておめでとうございます

ところで、「明ける」というのはそんなにもめでたいことなのか??
それはなぜ?? 教えて、なぜ?

・・・スマン。ひねくれ者なんでね。

初詣なるものも、もう30年以上行ってねえ。
厳密に言うと、お付き合いで神社に行ったことはあるが、並び、賽銭を入れ、手を叩き、拝み、願い事を唱えるという、いわゆる初詣の一般的儀式には一切参加しない。

私は信仰は認めているし、そのものを絶対に否定しない。
ただ、普段から信仰していない人がその場限りの神頼みをし、そこに恩恵が訪れることについては、絶対に信じない。
つまりそういうことだ。


さて、話は変わってお正月テレビのバラエティ番組について。
お正月に限らず、芸能人がバカ騒ぎする番組は、基本どれもこれも私にとってくだらなく、大抵退屈である。だから、年末や年始に家族が集まった時、あるいは親戚の家に行った時、仕方なく居間に着席し、見たくもないテレビを見、楽しい団らんのフリをする時間というのは、ホント苦痛以外の何物でもない。

そんな私であるが、その中に唯一見る可能性があって、見たら見たで楽しめる番組がある。

ご存知、テレビ朝日系の正月恒例番組「芸能人格付チェック」である。

「可能性がある」というのは、放送を待ち構えて積極的に見るわけではないし、毎度毎回見ているわけでもないが、たまたまテレビを視聴する状況下にあった場合は思わず見てしまう、みたいな感じだ。(少なくとも、ニューイヤーコンサートよりよっぽど面白い。)

どういう番組かについては、今さら説明するまでもなかろう。
例えば「一本100万円のワイン」と「一本5千円のワイン」を芸能人たちが目隠しで当てる、みたいなチャレンジである。一見誰でも見分けられそうなのに、実際にはなかなか当たらなくて、「人間なんて所詮はいいかげんなもの」という滑稽な有り様を、みんなで笑い飛ばすわけだ。
番組の構成も上手く出来ていて、ワインなんかは現場で試飲した人にしか分からないが、そこに鑑賞型の芸術分野を組み込ませることで、一般視聴者もテレビを見ながらにして、チャレンジに参加することが出来る。

今年は、「総額65億の楽器(ストラディバリウス含む)と総額100万の楽器による弦楽アンサンブル演奏聴き比べ」、それから「プロ団体とアマチュアトップ団体によるゴスペル演奏聴き比べ」があった。

思わず自分も目と耳を凝らして、聴き分けに参加してしまう。
で、「自分は何十年も本格的な音楽鑑賞を続け、そこにかなりのお金を注ぎ込んできたわけだから、当然当てられる、外すわけがないさ」などと、自分を過信する。

ところがね、これが意外に難しく、分からないわけですな(笑)。
そりゃそうだろう。誰でも簡単に見分けられちゃったら、そもそも番組として成立しないのである。一見して分からないように工夫を凝らしていることは瞭然だ。だからこそ盛り上がる。

結果であるが、ストラディバリウスの高額楽器は、聴き分けがついた。
そして、ゴスペル演奏については、見事に外した。

もっとも高額楽器の聴き分けについては、ぶっちゃけ明確な判定は出来ず、確信もなく、「なんとなくこっちかな?」と思ったのが、当たった。
たまたま運良く当たっただけかもしれない。
一方で、「永年培ってきた自分の耳や感性が、知らずしらずのうちに磨かれていた賜物なのだ!」などと自画自賛し、自らを納得させたい気にはなる。

でも、これがもし、スタインウェイの2千万円ピアノと、某国内メーカーの200万くらいのピアノを聴き分けられるかと言ったら、どうかな。正直自信は無いわな。


こうした高級楽器の場合、聴く側の聴き分けの問題というより、むしろ演奏家が自ら追い求める理想の音にフィットしているか、という基準や満足の度合いの方が大きいのでは、と思う。

ちなみに、私は学生時代、一本300万円の弓を楽器店から拝借し、手にして、自分のヴァイオリンを奏でてみた経験がある。(当時、普段自分が使っていた弓は、たったの5万円だった。)

衝撃的だった。ぜーんぜん違うと思った。やっぱり本物はすごい。高い物は良いし、良い物は高い。
じゃあ、何がぜーんぜん違うのかといえば、それは多分に感覚的な問題であった。言葉で説明できないし、だからきっと聴き分けの問題でもないんだと思う。


さて、もう一つのゴスペルについてであるが・・・。
これはなあ。負け惜しみじゃないけどさ、所詮はゴスペルなわけだ。
これがゴスペルじゃなくて、クラシック合唱団のプロとアマの違いだったら、オレ、聴き分けられたと思う。
うん。絶対。きっと。多分、おそらく・・。