クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2021/7/22 霧島国際音楽祭2

f:id:sanji0513:20210729192352j:plain

2021年7月22日  霧島国際音楽祭   みやまコンセール
堤剛・鈴木優人デュオ&名手たちの饗宴
ウェーバー  フルート三重奏曲
工藤重典(フルート)、笹沼樹(チェロ)、練木繁夫(ピアノ)
ベートーヴェン  弦楽四重奏曲第1番
  カルテット・アマービレ
ベートーヴェン  ユダス・マカベウスの主題による変奏曲
シューベルト  アルペジョーネ・ソナタ
  堤剛(チェロ)、鈴木優人(ピアノ)


霧島国際音楽祭。今年が第42回目!(すげー)という国内クラシック音楽祭屈指の老舗だ。サイトウ・キネンPMF草津国際アカデミーなどよりも古い歴史を持つ。ゲルハルト・ボッセが創設に関わり、音楽監督になって伝統の礎を築いた。現在は堤剛さんがその任を務めている。

そんなわけで、音楽祭の顔になっている堤さんと、多方面で大活躍中の鈴木ジュニア、この二人の豪華共演というのが本公演の売りであり、メインイベント。

しかし、プログラムの中で最も私の心を捉えたのは、カルテット・アマービレの演奏だ。
桐朋学園大学在籍中の仲間で結成されたとのことだが、お友達感を微塵も感じさせず、高度なカルテット・アンサンブルに驚愕。技術が確かな上に、楽曲への追求姿勢も見せつけて、精緻かつ濃密、彫りも深い。
5年前に霧島国際音楽祭賞を受賞しただけでなく、世界的なコンクールでも入賞を果たしているようで、そうした実績の自信ゆえか、メンバーは皆若いのに、既に貫禄が漂う。これからの日本のカルテットをリードしていく存在になるのではなかろうか。彼らは注目だ。

フルート三重奏曲に出演したチェロの笹沼樹さんは、そのカルテット・アマービレのメンバー。
工藤さん、練木さんという大ベテラン先生たちに挟まれつつも、物怖じしない堂々たる演奏が光っていた。

日本フルート界の大御所、工藤さん。この人ねえ・・・。
以前、小澤征爾音楽塾のコンサートで、ステージに乗っているのに自分はまったく演奏をせず、隣の若い塾生フルート奏者の演奏に耳をそばだて、めっちゃ険しい顔をしながらチェックしていた。
その光景に私は眉をひそめ、そして思った。
「あーー、オレこういう先生、嫌い。イヤだイヤだ・・・」

練習の時は厳しくてもいいよ。でもさ、本番くらいは開放してやれよ。センセはステージ袖に引っ込み、教え子の背中をポンと叩いて朗らかにステージに送り出してやれよ。あれじゃ、横にいるセンセが気になって演奏が縮こまるじゃんかよ。

なので、わたし個人的にこの人苦手(笑)。音楽や演奏とはまったく関係なく。

メインの堤さんと鈴木さんのデュオ。
その前にアマービレの切れ味鋭い演奏を聴いちゃった後なので、なんとも緩~い感じ(笑)。
曲のせいだったのか、それとも堤さんの演奏そのものだったのか・・・。
ま、そこらへんはあえて追求するの、やめときます(笑)。


今回の旅行はこれで終了。台風が沖縄や先島諸島に来ていたが、鹿児島地方はなんとか無事でした。
これで今年の私の夏、終わり~。

2021/7/22 鹿児島3

この日のスケジュールは、私にとって霧島国際音楽祭の第二弾、午後2時から霧島温泉郷に近い「みやまコンセール」でのコンサート。
この「みやまコンセール」は霧島国際音楽祭のメイン会場で、緑豊かな高原の中に佇む本格的な音楽専用ホール。音響の良さにも定評がある。霧島国際音楽祭に行くのであれば、是が非でもこのホールで開催される公演を目指したいところ。

ただし、鹿児島市内からだとちょっと遠い。地元民ならマイカーだろうが、よそ者にとっては結構アクセスが大変。市内から空港行きのバスに乗り、そこで路線バスに乗り換えるというのが一つのパターンだと思うが、いずれにしても1時間半くらいかかるし、路線バスは本数も少ないので、注意が必要だ。

私はというと、まず空港まで行き、そこでレンタカーを借りた。これなら午前いっぱいをドライブ観光に充てられる。コンサート終演後は鹿児島市内に戻らず、霧島温泉郷に宿泊(温泉ね!)。翌日、空港に戻ってレンタカーを返却したら、そのまま飛行機に乗って帰京するスケジュールだ。

ハンドルを握って最初に目指したのは、霧島方面ではなく、「曽木の滝」という観光名所。東洋のナイアガラと称される瀑布。

f:id:sanji0513:20210727191755j:plain

f:id:sanji0513:20210727191811j:plain


実は12日前である7月10日、この付近に線状降水帯が発生し、記録的大雨で川内川氾濫の危険が迫った。ここ曽木の滝でも水が溢れ、一部の展望台が決壊したという。
訪れてみると、滝は雄大な景観で訪れる者を圧倒させてくれるが、今もなお一部立入禁止区域が設けられていた。

30分ほど水しぶきを眺めた後、この日の目的地であるコンサート会場へ。
その前に、早めに到着したので、霧島温泉郷の中心付近にある丸尾滝にも立ち寄った。

f:id:sanji0513:20210727191830j:plain

 

2021/7/21 九響

f:id:sanji0513:20210725082647j:plain

2021年7月21日   九州交響楽団   アクロス福岡コンサートホール
指揮  小林研一郎
スメタナ  わが祖国


このコンサートを発見した時は、一瞬「お!?」と飛び付き、その後「うーん・・・」と考えてしまった。
霧島国際音楽祭を鑑賞するためにはるばる鹿児島にやってきたわけだが、この日の21日はめぼしい公演がない。なので、当初の計画は普通に観光し、夜はメシを食いに出かけ、鹿児島グルメを堪能しようと思っていた。
でもね。
つい探しちゃったのよ。「もしかして、どこかで何かやってない?」って。
そしたら、見つけちゃったわけ。

そこにコンサートがあるのなら、聴くべき。なんたってオイラは「クラシック、オペラの粋を極める!」だからな。

と言いつつ・・・さすがにねー。博多なわけですよ。福岡県なわけですよ。鹿児島からだよ。遠い。躊躇するわさ。
ところが調べてみると、九州新幹線で最速1時間20分で行けることが分かった。私の自宅からミューザ川崎まで出掛ける時間とそんなに変わらない。平日夜公演なのに、鹿児島往復日帰りが出来ちゃうのだ。

次はお金の問題。往復2万円かかる。
九州交響楽団のために?? コバケンのために??
うーん・・・(笑)。

でもやっぱり行こうと決めた。これは九響を本拠地博多で生まれて初めて聴く機会である。それに何と言っても、こういう旅がオレ流ってこと。ヨーロッパでも「今日はパルマ、明日はバルセロナ、明後日はミラノ」なんてことを平気でやるんだからさ。


前置きが長くなったが、公演について。
まず、本拠地のアクロス福岡コンサートホール。本格的なクラシック専用ホールである。雰囲気はいい。東京で言うと、紀尾井ホールを一回り大きくしたような感じ。音響だって申し分ない。本公演を最後に改修工事に入り、しばらく休館となるそうだ。

指揮者コバケン。
本当はオンドレイ・レナルトが振る予定だったが、コロナで来日出来なくなり、その代演だ。

コバケン聴くの、久しぶり。ものすごーく久しぶり。
日本を代表する指揮者で、聴く機会ならいくらでもある。それなのに久しぶりというのは、要するに訳がある。
何を隠そう、あんまり好きな指揮者ではないのだ。
理由。
この人、エモーションがトゥーマッチだから。
で、指揮者自身が音楽に痺れて、悦に浸っちゃっている。感情を揺さぶられるのは、聴き手だけで十分。一度、泣きながら指揮している姿を見たことがあって、ドン引きした。指揮者は自制しなさい。つまり、そういうこと。

で、この日も、まさにそういうコンサートであった(笑)。
さすがコバケンだね。でも、これこそがコバケンなんだよね。
それに、「わが祖国」という音楽は、むしろそんなコバケンに結構合っているのかもしれない。まさにチェコ民族の魂を揺さぶる曲だから。

九響はいい演奏をしたと思う。熱い指揮者にグイグイと引っ張られた、熱い演奏だった。

午後9時43分の新幹線に飛び乗り、午後11時過ぎに鹿児島に戻った。この時間になると、さすがにゴハンを食べられるお店はみんな閉まっている。仕方がないのでコンビニでおつまみとビールを買い、ホテルで一人乾杯。お疲れ〜。

2021/7/21 鹿児島2

鹿児島二日目。
桜島西郷隆盛など、美しい景観や由緒ある歴史スポットに溢れる鹿児島市。ここでは、観光客がこうしたポイントを巡ることが出来るように、市交通局が「カゴシマシティビュー」という循環バスを走らせている。
この観光用バスに加え、普通の市営バス、市電、更に桜島フェリー桜島循環バス、これらすべて乗り放題というお得なフリーパスチケット「キュート」というのが用意されていて、「これを使えばタウン巡りは万全」などとガイドブックにもネット情報にも書いてあった。
ならばと、私も購入。一日券1200円。

ところが、である。
実際に利用してみると、使い勝手は必ずしも万全ではない、ということが分かってしまった。

まず、カゴシマシティビューというバス。
循環型で観光スポットを一つ一つ巡っていくバスなので、行きたいところにダイレクトに行けないという難点がある。
例えば、この日最初に訪れた仙巌園。市の中心部からちょっと離れているが、それでも車で直行すれば、たぶん15分もかからないだろう。
ところが、あっちに寄りこっちに寄り、結局40分もかかってしまった。しかも、コースは一方向のみであり、なおかつ運行は30分に一本のみ。
つまり、一つずつ順番に巡るのではなく、「ここに直行したい」という目的地がある時、はっきり言って効率悪すぎ。

更に、このフリーパスチケット、当然かもしれないが、民営バスには乗れないのである。市内はたくさんのバスが走っているが、どれが市バスなのか、停留所はどこなのか、そのバスはどこに向かって行くのか、よそから来た人間は分からず、ただただオロオロするばかり。

もし、キュートを使いながら効率的に動きたいのなら、とにかく入念にリサーチするのが賢明。それしかない。私も途中で気が付き、そこから一生懸命地図と時刻表と携帯ネットの情報をにらめっこした。

一日券を使ってお金をせこく節約するよりも、民営バスやタクシーなども駆使してダイナミックに回る方が遥かにゴージャスだと思うが・・・残念ながら私には貧乏性が染み付いちゃっているわけだ。悲しいのう。

まあとにかくそういうことで、最初に訪れたのが名勝仙巌園。薩摩のお殿様である島津家の別邸。日本を代表する庭園とのこと。

f:id:sanji0513:20210723162845j:plain

f:id:sanji0513:20210723162859j:plain


次に訪れたのは、やっぱり鹿児島に来たからには、絶対に外せないスポット、桜島
フェリーでたったの15分。乗船中に見上げる桜島はなかなかの絶景。

f:id:sanji0513:20210723162916j:plain

上陸後、ここでも「桜島アイランドビュー」というフリーパスが使える循環バスに乗ったのだが、これまた運行頻度が30分に一本しかないため、各スポットで乗り降りを繰り返すと、時間がいくらあっても足りなくなる。仕方がないので、最も山に近づける湯ノ平展望台だけ降り立った。
もし桜島をじっくり堪能したかったら、丸一日くらい予定した方がいいだろう。

f:id:sanji0513:20210723162935j:plain

 

観光は午後3時で切り上げ、いったんホテルに戻って休憩。
さて、この後であるが・・・えー・・ちょっくら遠出してくる。
行き先は、えーと、博多。
そう・・福岡県の博多ね。ちょっくら新幹線に乗ってね。もちろん日帰りね。
・・・。

目的は午後7時からの九州交響楽団定期演奏会。指揮コバケン。
新幹線だと、ちゃんとその日のうちに鹿児島に帰って来られるんだ。すごいよね。

2021/7/20 霧島国際音楽祭1(バッハ・コレギウム・ジャパン)

2021年7月20日  霧島国際音楽祭(バッハ・コレギウム・ジャパン)  川商ホール
指揮  鈴木雅明
ヴィヴァルディ  ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「春」、「夏」、「秋」
バッハ  管弦楽組曲第2番、ブランデンブルク協奏曲第5番


一見、「BCJがお贈りする古典の名曲コンサート」みたいなプログラム。四季だけでなく、管組もブランデンブルクも、各組曲の中で特にポピュラーな曲がピックアップされている。

だが、その演奏や解釈は、さすが古楽集団らしく、個性的かつ専門的だ。
例えば四季なんか、イ・ムジチの演奏とかに耳慣れているライトなお客さんたちは、もしかしたら違和感を抱いてしまうのではないか。
でも、この演奏こそ、BCJのこだわりであり、追求の成果なのである。
そもそも、演奏の順番からして、「春」→「管組2番」→「夏」→「ブランデンブルク」→「秋」という並べ方自体、考え抜かれたこだわりである。ヴィヴァルディとバッハの関連性、つながり、融合を図ろうとする意図は明白だ。
更に、どの曲もコンチェルトの様相を呈していて(四季はヴァイオリン、管組2番はフルート(フラウト・トラヴェルソ)、ブランデンブルクチェンバロ)、巧みなソロ演奏の妙味によって、今回のフェスティバルを飾ろうという仕掛けなのである。


ナビゲーターとしてマイクを手にした鈴木さん。昨年はBCJ創立30周年という記念すべきイヤーだったのに、コロナでそうしたムードが吹き飛んでしまったと、思い切りぼやいておりました。
でも、今やBCJの活動も、鈴木さんの八面六臂の活躍も、日本の演奏界において極めて重要な存在にまで登り詰めている。その功績は大いに讃えられるべきで、その一端を垣間見ることが出来たコンサートだったと思う。

2021/7/20 鹿児島1

f:id:sanji0513:20210720164305j:plain

鹿児島にやってきました。はっはっは。

つい先日も石川県金沢に行ってきたばかり。そういう御時世じゃないだろうという批判は真摯に受け止めます。すみません。でも、私にとって音楽を聴くために出掛けるというのは、不要不急なことではないんでね。何度も申し上げておりますとおり。

音楽を聴くため。
そうです、音楽を聴くために九州にやってきたのでござる。
今年5月。別府アルゲリッチ音楽祭が中止になってしまい、別府行きが叶わなかった、この時。
私は心の中でリベンジを決めたのであった。
「クソー、旅行してやるぞ。絶対に。」

行き先の候補はすぐに思い浮かんだ。
一つは、北海道札幌。目的はPMFパシフィック・ミュージック・フェスティバル。
そしてもう一つは、鹿児島県。目的は霧島国際音楽祭。
迷った挙げ句、鹿児島に決定したというわけだ。

鹿児島に来るのは2回目。たぶん30年ぶりくらい。長崎に住む大学時代の友人を訪ね、そいつの車をお借りして九州をぐるりと回った。つまり、単なる観光だった。

今回はこうしてクラシック音楽の鑑賞をしっかりメインに据えている。これこそが今の私に相応しい旅行というわけだ。海外もすっかりご無沙汰だしねえ。

f:id:sanji0513:20210720164331j:plain

f:id:sanji0513:20210720164356j:plain

 

2021/7/18 二期会ファルスタッフ

2021年7月18日   二期会   東京文化会館
ヴェルディ  ファルスタッフ
指揮  レオナルド・シーニ
演出  ロラン・ペリー
管弦楽  東京フィルハーモニー交響楽団
今井俊輔(ファルスタッフ)、清水勇磨(フォード)、宮里直樹(フェントン)、高橋絵理(アリーチェ)、三宅理恵(ナンネッタ)、中島郁子(クイックリー夫人)、花房英里子(メグ)   他


ロラン・ペリーの演出コンセプトによれば、「裕福な夫人アリーチェを始めとするブルジョア階級連中の、退屈しのぎのいたずら」なんだそうである。

なるほどねーと思った。

以前からこの物語について、私は訝しく思っていたことがあった。
ファルスタッフをおびき寄せ、まんまと嵌めて、洗濯物と一緒に川にドボンと突き落とし、懲らしめてやった。大成功。
以上、はいおしまい。それでいいじゃないか。十分じゃないか。
なのに、連中はそれだけに留まらず、更なる仕掛けを用意し、再度おびき寄せて、徹底的にいたぶり続けようとする。

なんで?? やりすぎじゃないの?? ちょっとひどくないか?

退屈しのぎねぇ・・。なるほど、そういうことか。
演出家ペリーの解釈、納得である。合点がいった。


そうした演出面だけでなく、今回の二期会プロダクションは楽しめた。
それは、歌手陣の健闘が大きかった。
これまで、二期会公演を鑑賞すると、大抵、まず演出面に注目が行き、次に指揮者やオーケストラに注目が行き、肝心の歌手陣にお褒めのコメントが行き届かないということが多かった。それは、取りも直さず二期会というカンパニーのレベルそのものだった。

では、なぜ今回歌手たちの健闘が目立ったのだろうか。

もしかしたら、作品がそのようにさせたのかもしれない。
ヴェルディ晩年の大傑作。歌手たちが最大限実力を発揮しやすい作品なのだ。
巨匠作曲家の巧みな筆によって、それぞれの役はキャラが際立ち、しかも程よくテクニカル。多重唱の魅力が散りばめられ、アンサンブル能力も求められる。
そうしたものに上手く乗っかり、あとは指揮者の入念な手綱さばきに歌声を委ねれば、自ずと聴衆のハートに届くというわけだ。

・・・なんか「せっかく頑張ったのに『作品のおかげだよね』じゃ、歌手の方々があまりにも報われないじゃんか」と言われてしまいそう。うーん、たしかにおっしゃるとおり。

やっぱ言い直しましょう。
「歌手の皆さん、よく頑張りました!良かったですよ!!(笑)」