クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2022/6/26 都響

2022年6月26日   東京都交響楽団   サントリーホール
指揮  クラウス・マケラ
ジノヴィエフ  バッテリア
ショスタコーヴィチ  交響曲第7番 レニングラード


噂はホンモノであった。クラウス・マケラ、この若者、やはりとてつもない才能の持ち主だ。

・・・と、諸手を挙げて絶賛する前に、一つ断っておきたいことがある。

この日、メインのショスタコ演奏後、日本のオケでは珍しいくらいのものすごい拍手喝采が巻き起こった。ブラヴォーこそ控えられたが(いったい、いつになったら解禁になる?)、コロナ以前だったら熱狂的な歓声の雨あられだったことだろう。ソロ・カーテンコールも2回に及び、SNS上では終演後、「名演」の二文字があちこちで躍った。

そう。みんな「名演」だったと口々に言う。
この名演というのは、文字どおり見事な演奏という意味。みんな、「演奏が素晴らしかった」、「指揮者やオケがすごくて感動した」と思い込んでいる。
だが、その感動の源は、演奏ではなく、「曲」だったというパターンが結構多い。作品そのものに感動しているのだ。作品が人々に感動をもたらすほどの極上逸品だったのだ。
で、そのことに気付いている人は、案外少ない。
(これらは、以前にも何度となく書いている。)

みんなの感動にケチを付けるつもりはないが、でもあえて言わせていただきたい。大のショスタコ好きとして、スマンが言わずにはいられない。

ショスタコの7番は、感動的な作品である。」
ショスタコーヴィチは、偉大である。」

ブラヴォーを叫ぶにあたり(叫べないけどな)、どうか、是非とも、その曲を作った作曲家に思いを馳せたいものだ。


さて、一言断りを入れたところで、それではマケラの賛辞に移る。
素晴らしいと思った点はいくつかあるが、特に感心したのが、次の2点だ。

・往々にして若い指揮者は漲るエネルギーをパワーに変換し、鋭い運動神経から繰り出される自由自在のタクトによってオーケストラをグングン推進させようとするが、マケラの場合、ドライブするのではなく、オーケストラから自発的な音楽を引き出すことに専心し、その効果を上げていたこと。
・作品解釈において、ディティールの掘り下げと、全体的な構造把握の両方を同時並行で、高いレベルでこなしていたこと。

この2点に共通するのが、作品に対する客観的視点、俯瞰的視野である。

この立ち位置に至るまでに、普通は相当の経験が必要になる。

で、改めて言うが、彼は若干26歳なのだ。
経験が問われ、経験がモノを言う世界で、その必要性を超越し、凌駕する。

天才の天才たる所以であろう。

オーケストラもまた、彼が天才だということを瞬時に気が付いたはずだ。
導かれるがままに奏でた音が、あたかも魔法のように胎動を始め、熱を帯びて昇華し、壮大な音楽となって構築していく。そうした様を、間近で見つめたのである。聴いていた我々と同様にゾクゾクしたことだろう。
こうした体験こそプロ演奏家冥利に尽きるのではないだろうか。


次に、ショスタコ7番の話に移る。
この作品がナチスレニングラード侵攻をきっかけにして作られたことは周知のとおり。
今、ウクライナで起きている戦争のニュースを目の当たりにし、私はもはや冷静な心境でこの曲を聴くことが出来ない。第1楽章の中間部、小太鼓のリズムに乗りながら繰り返される「ボレロ」のパロディのようなメロディーを、以前は微笑ましく聴いていたが、今は同じように聴くことが出来ない。

プログラムによれば、ショスタコーヴィチは私的の場で友人に「私には戦争はこう聞こえるんだ」と語ったのだという。

分かる!!

戦争の影というのは、このようにそっと、密やかに、穏やかに優しく、いつの間にか忍び寄り、やがて津波のように押し寄せ、気がついた頃にはもう手遅れで、巻き込まれ、破壊と殺戮の真っ只中に置かれてしまう。

この曲には、それが描写されているのだ。

怖い、怖い。胸が張り裂けそうになる・・・。

マケラ時代の到来か?

都響を振るため、ただいま来日中のクラウス・マケラ。若干26歳のフィンランド出身の若手指揮者に、今、全世界から注目が集まっている。
今月、2027年シーズンから名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者に就任することが発表されたのだ。

マケラと言えば、24歳でオスロ・フィルの首席指揮者に就任したと思ったら、すかさず国立パリ管弦楽団音楽監督のポストもゲット。「おいおい、なんだかすごい勢いだな」と思った矢先のビッグニュースである。

26歳だぜ・・。
この歳だったら、まだまだアカデミー生だったり、誰か名の通った指揮者のアシスタントに付いて勉強中だったりの年頃じゃないか。指揮者の世界ではひよっこ扱いのはずだ。
それが、パリ管にコンヘボときたもんだ。もう世界を掌握しちゃう勢いじゃないか。
いいのか、それで。大丈夫なのか。そんなに優秀なのか。

世の中というのは、いつの時代もどの分野でも、常に天才、ヒーロー、ライジングスターの登場を待望している。若くて、活きが良くて、溌剌として、そしてカッコいいヤツが旋風を起こす。我々はそういう現象にいつも心踊らされる。

一方で、その中に「天才ともてはやし、宣伝して、ブームを起こし、注目を集め、そして一儲けしてやろう」と企むプロモーターの狡猾な戦略と思惑も、必ず潜んでいる。

果たして彼は本当に本物なのだろうか。

そんなマケラが都響を振る。なんというタイミング。
プログラムは2つ。マーラー6番、ショスタコ7番という、スケールがデカくて、なおかつ一筋縄ではいかないアグレッシブな作品だ。うわー、勝負に来てる。こんな曲やられちゃったら、行かずにはいられないではないか。

都響との共演は二度目。初共演となった2018年の公演を私は聴き逃しているが、評判はすこぶる良かったらしい。都響も「この若者、もしかしたら只者じゃない」と感づいたのだろう。こうしてすぐに再度の招聘に至った。

チケットの売行きは絶好調のようで、マーラーの方は完売した模様。
もちろん純粋な都響ファンだったり、単純に曲に惹かれてチケットを買った人も多いだろうが、この指揮者の台頭ぶりに目を見張りながら「どんなもんじゃい、よっしゃ聴いたろ」と思った人も一定数いることだろう。かくいう私もその一人。

マケラ旋風はまだ続きがある。この秋にも、今度はパリ管を率いて再来日するのだ。
クラウス・マケラ、この指揮者の動向から目が離せない。

それにしても、フィンランド、次から次へと指揮者を排出するなあ。

2022/6/19 ドミンゴ ゲオルギュー コンサート

ドミンゴ ゲオルギュー コンサート   東京文化会館
指揮  フランチェスコ・イヴァン・チャンパ
管弦楽  新日本フィルハーモニー交響楽団
プラシド・ドミンゴバリトン)、アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)、マリナ・モンゾ(ソプラノ)
ジョルダーノ  アンドレア・シェニエより 祖国の敵
ボーイト  メフィストフェレより いつかの夜、海の底に
ヴェルディ  マクベスより 裏切り者め、憐み、誉れ、愛
モーツァルト  ドン・ジョヴァンニより お手をどうぞ
レハール  メリー・ウィドウより 唇は語らずとも
ほか、サルスエラなど


2020年に来日の予定だったパレルモ・マッシモ劇場の引っ越し公演は、コロナのため翌年21年に延期され、結局ダメで22年に延期。
で、今年もまたダメで、来年23年に再々延期。
演目はその度に変更され、「ナブッコ」「ノルマ」から「ボエーム」「仮面舞踏会」へ、次に「ボエーム」から「シモン・ボッカネグラ」へ、そして来年「ボエーム」「椿姫」へ・・。

出たよ、ボエーム、椿姫(笑)。
私にとって最も許し難い安直平易かつ無難な演目への変更の知らせを受け、即座にキャンセル払い戻しを決断したのは言うまでもないが、そのうちの1公演分を今回の特別コンサートに振替可能ということで、「まあそれでもいいか」と振り替えたこの日の公演。

これがもし、振替えではなく新規の公演だったとしたら、果たして私はチケットを買っただろうか。

微妙なところだな。
ドミンゴ、最後の来日公演」という話だし、結局は買っちゃったかな・・。


私が日本でドミンゴを聴くのは、実に20年ぶりだ。
2002年に自身が音楽監督を務めるワシントン・オペラの来日公演で、オテロを歌ったのを聴いたが、全然ダメで、ガッカリだったことを覚えている。「ドミンゴ、もうおしまいか」と思いきや、その後バリトンに転向し、輝かしく返り咲き、オペラ界の大御所として君臨し続けているのは周知のとおり。
海外でバリトン諸役で出演したいくつかのオペラを観たが、円熟の極みで存在感は増し、なおかつ朗々とした美声は健在。ドミンゴは生ける伝説となっている。

81歳。なんと、リッカルド・ムーティマルタ・アルゲリッチと同年齢なのである。
一体なんなんだ、この人たちは・・・。
(ちなみに、秋山和慶さんも同い年)


さて、今回の公演であるが、音楽性だとか歌唱技術だとか、聴く側としてもう完全に超越。そんなことはどうでもよくて、とにかく生ける伝説の名人芸をありがたく拝聴。それしかない。感想は「いやー、参りました。」
以上。

セクハラ疑惑で干された一時期もあったが、それさえも超越しちゃいましたね(笑)。


ゲオルギューは、ちょっとヤバい。
経験と貫禄で何とか乗り切り、観客からも温かい拍手を貰っていたが、往年の輝きは完全に失われている。
単に調子が悪かっただけなのか。
それならいいのだが。

 

外来オケがやってくる?

本日は、今秋来日予定のロンドン交響楽団(S・ラトル指揮)公演の先行発売日。なんとかチケットを押さえて一息つき、そして思いを巡らせる。

外来オーケストラの来日公演が本格的に動き出し、ようやく、ようやく、長かったコロナ渦から脱却することが出来るのだろうか・・・。

2020年1月フィルハーモニア管(サロネン指揮)の公演を最後に、途絶えてしまった外来オケの来日公演。ウィーン・フィルの特別待遇による例外公演を除き、およそ2年半の空白。
まず、露払いとして、来月初めにケルン・ギュルツェニヒ管がやってくる。
そして、現在発表されているだけでも、主なものとして、上記のロンドン響(10月)、パリ管(10月)、ボストン響(11月)、NDR北ドイツ放響(11月)、シュターツカペレ・ベルリン(12月)など。

期待していいのか。本当にいいのか・・・。

もちろん感染者数の動向次第なのだろうが、世界は既に前を向き、動き始めている。日本は非常に慎重だが、いつまでも停滞してはいけないのだ。

そうだ。期待しよう。きっと実現するだろう。

気になるのは、バレンボイムの動向。
体調不良でずっと療養していた。先日、本格復帰のニュースが流れたが、果たして大丈夫だろうか。元気になって、ぜひ「これぞバレンボイム!」というブラームスを聴かせてほしい。

最後に残るのは、外来オペラ公演になる。
これはスタッフ総勢の規模が比べものにならないため、まだまだハードルが高そうだが、いつか近いうちにぜひ実現させてほしい。

もっとも、「ボエーム」「椿姫」とかじゃ、結局天を仰ぎ、トホホになっちゃうけどな(笑)。

2022/6/12 東京フィル

2022年6月12日   東京フィルハーモニー交響楽団   オーチャードホール
指揮  ミハイル・プレトニョフ
シチェドリン  カルメン組曲
チャイコフスキー  バレエ音楽白鳥の湖」より(プレトニョフ編集版)


指揮者のこだわり、作品に寄せる思いが伝わってくるプログラムの構成。
存命中のロシアの作曲家シチェドリンの作品を、「生誕90年」という記念に引っ掛けて紹介。前半プロと後半プロを「バレエ音楽」という共通テーマで結び付けながら、白鳥の湖では、いわゆる名曲選集ではなくストーリー展開の流れに重きを置いたプレトニョフ版厳選組曲にする。
カルメン」、「白鳥の湖」という誰もが知っているポピュラーな作品でありながら、耳馴染んだいつものとは少々雰囲気や趣きを変えつつ、さり気なくロシアの作曲家を誇示する。

このプログラムを決めたタイミングは、ロシアのウクライナ侵攻よりも前だったはず。
しかし、現状の世界情勢の真っ只中、もしかしたらプレトニョフの頭の中に「ロシアに対し複雑な感情があるにせよ、偉大な作曲家による偉大な作品は誰が何と言おうと不滅」という思いが浮かんだのではないだろうか。そんなプレトニョフのメッセージが聞こえた公演だ。

単なる思いだけでなく、きっちりとオーケストラをロシア音楽仕様にビルドアップさせて聴かせたのも、本公演の大きなポイントであり、プレトニョフの見事な貢献だ。
シチェドリンの演奏も面白かったが、やはりチャイコフスキーの重厚なサウンドに魅了された。

特に、金管楽器群の輝かしくも、どこか哀愁を帯びた懐かしい響き。
弦とのバランス面で若干問題が無かったわけではないが、それを補って余りあるほどの豊潤さ。
「これ、ロシアのオーケストラの響きだ!」
思わずそう感嘆してしまった。


現状では、ロシアの指揮者や演奏家を単身で招聘することは辛うじて出来たとしても、団体のオーケストラ来日公演を実現させることは、当分無理だろう。
世界のオーケストラがインターナショナル化し、平準化する中、ロシアのオケは今もなお独特の合奏サウンドを持つ。あのロシア訛りの音をもう聴けないのかと思うと少々寂しいが、この日の東京フィルは十分にそれを補ってくれた。

N響の2000回記念公演

N響定期演奏会が2023年12月の公演をもって通算2000回を迎えるとのこと。第1回が1927年だというから、およそ100年をかけての節目ということで、築き上げてきた伝統の重みが伝わってくる。

私は第1000回の記念公演を鑑賞した。1986年10月。指揮はサヴァリッシュで、演目はメンデルスゾーンのオラトリオ「エリア」だった。
ソリストルチア・ポップ、ペーター・ザイフェルト、ベルント・ヴァイクルら豪華な歌手を揃えたあたりは、N響というよりサヴァリッシュの顔が物を言ったおかげといった感がしないでもないが、一つの金字塔を打ち立てたことは間違いがなかった。

「果たして次の2000回はいつになるのかな。その公演も果たして元気に行けるのかな。」
あの時、そう思いを巡らしたことをはっきり覚えている。今の調子ならなんとか元気に行けそうな気配。それはそれで何よりだが、40年近くもずっとこうやってコンサート通いを続けているというのも、感慨深いものがある。N響の歴史に多少なりとも寄り添い、共に歩んできたことは、一人勝手に誇りたいと思う。


さて、その記念すべき第2000回公演だが、興味深い企画が発表された。
なんと、3つの候補作品を挙げ、その中からファン投票で選ぶ、というものだ。
それ自体はなかなか面白い企画だと思うが・・・候補作品を見て笑ってしまった。

・F・シュミット  オラトリオ「7つの封印の書」
マーラー  交響曲第8番「千人の交響曲
シューマン  オラトリオ「楽園とペリ」

いやいや、いいとは思いますよ。どれも記念公演にふさわしいんじゃないですか。
だけどねぇ。
はっきり言うけど、結果はもう誰の目にも明らかっしょ。
一般のファン投票だぜ!? マニアや珍しいモノ好きの一票は決して多勢を占めることはない。あまりにも出来レースで、これじゃまったく投票したい気にもならん。

この3つ、たぶんF・ルイージの選定だと思うが、事務局の誰かが「これ、結果は明らかですよ。いいんですか?」と一言忠告しなかったのか。
あんたら、まさか本気で「さてさて、どれが選ばれるかな~?」と思ってるわけないよな?
思ってるとしたら、相当の間抜け。

それともなにかい、何か別の意図、企みでもあるのかい。
ここでひとまず布石を打っておいて、いつかそのうち別の機会で公演の演目に採り上げて、「ああ、あの時に漏れたやつ!!」みたいな。
それが魂胆か。それなら分かるけどな。

まあいい。令和5年12月、N響の記念すべき第2000回公演は、「千人」。
久しぶりに大合唱を轟かせて、コロナの終焉を宣言してくれ。

スポーツをネットで観る時代

プロボクシング・バンタム級井上尚弥対N・ドネアの試合は戦慄だった。
ドネアは年齢こそベテラン域だが、元5階級の制覇者であり、主要4団体すべてで王者になったことがある殿堂入り確実の名ボクサー。前回の対戦でも壮絶な戦いを繰り広げており、今回も白熱の試合が期待されていたのだが・・・それをたったの2ラウンドで粉砕とは!!
信じられん。井上、強すぎる。

多くの人がモンスター井上のことを「日本プロボクシング史上最強」と称える。その看板に偽りなし、称賛に異議なしだ。単なる「日本人として」ではない。権威ある専門誌のパウンド・フォー・パウンド(重さの階級を超えたランキング)で、ついに世界1位になった。考えられない。ロマチェンコよりもS・アルバレスよりもT・クロフォードよりも上だなんて・・・。
こんなすっげー日本人選手、見たことない。もしかしたら今後もう二度と見られないかもしれない。
そういう意味で、彼のファイトは必見。絶対に見逃してはならないのだ。


だというのに、試合中継は普通の民放テレビでもBS放送でも放映されない。ネットTV(アマゾンプライム)による独占配信だった。

人気スポーツなど誰もが観たいと思うキラーコンテンツの放映権を高額で買い取り、金を払って契約した視聴会員のみに提供する独占配信は、何も今に始まったことじゃない。
例えば、英プレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグなど、人気を誇る海外サッカー。
放映権は、これまでにWOWOWなどのBS放送からスカパーなどのCS放送へ、やがてDAZNなどネットによるビデオ・オン・デマンドへとコロコロと変遷していった。どうしても中継を観たいファンは、そのたびに頭を抱え、悩みながら、仕方なく金を払って視聴契約を結んできた。
そうやって観戦ライフを楽しんでいると、ある日突然値上げのお知らせだったり、契約パッケージの変更だったり、「放映権を獲得できず、中継終了~」のお知らせが届いたりして、唖然愕然、どん底に突き落とされる。巨額の放映権を巡るマネーゲームの末端の犠牲者として、我々はいつも振り回されるのである。

しかも、時代はいよいよネット配信へ。
そうか、そういう時代にもう突入しているというわけか・・・。

FIFAワールドカップサッカー・カタール大会の全試合ライブ中継放映権をアベマTVが獲得して世間を驚かせたのは、周知のとおり。
今回の井上対ドネアだけでなく、先日行われた村田対ゴロフキンの試合も、アマプラが独占。NBAは楽天が独占。

「スポーツなんて、PCモニターやタブレット、携帯などの端末で観るもんじゃねえだろうがよ」などとほざいている私は古い人間である。
若い人たちは、動画をポータブルで気軽に楽しんでいる。それに、やろうと思えばネットとTVをケーブルで結ぶことも可能だし、最新のTV機器やケーブルテレビチューナーには、ネットTVの視聴環境がしっかり整えられている。大画面で楽しむことは可能なのだ。

そうなると、あとはお財布と相談の上、契約加入する決断をすることができるかどうかだけ。

今回の井上戦は、仕方なくアマプラの無料お試しで加入して視聴。無事に観終わったので、お試し期間終了と同時に解約してしまうのも、一つの手。
だが、年会費は思ったほど高くないし、アマゾンの場合、お買い物の即日配送や送料などの特典も結構見逃せないので、このまま継続加入しようかなーと検討中の今日このごろ。

だったら、次戦として予定されている4団体統一王座決定戦も引き続きアマプラでやってくれよと思わず期待してしまうのであるが・・そんな簡単な話ではないのであろう。
なんたって、これだけの大物である。世間の注目度、関心度は高く、こんなおいしいコンテンツはそうは無いのだ。独占放映権を奪い取って一儲けしようという他の配信会社が虎視眈々と狙っているはず。

また、足元を見て、放映権料を膨大に吊り上げて吹っかけてくるプロモーターも大問題。ワールドカップサッカーアジア最終予選のアウェー戦が観られない事態に陥ったことは、記憶に新しい。

「タダで観たい」なんてそんな甘い世の中じゃない、ということは理解しつつ、ファン置き去りの金儲け主義は、やっぱりうんざりだ。