クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2002/4/24 ベルリン・フィル

2002年4月24日   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   フィルハーモニー
クラウディオ・アバド 音楽監督退任記念コンサート』
指揮  クラウディオ・アバド
ワルトラウト・マイヤー(メゾ・ソプラノ)、エレナ・ツィトコーワ(メゾ・ソプラノ)、アナトーリ・コチェルガ(バス)
ブラームス  運命の歌
マーラー  5つの歌曲
ショスタコーヴィチ  映画音楽「リア王


1998年、電撃のベルリン・フィル音楽監督退任発表。
2000年、これまた電撃の病気(胃癌)発表により、指揮活動の一時休止。
同年秋、闘病と療養の期間を経て、見事に復帰。
そしてついに2002年、音楽監督の契約満了。

アバドにとって、そしてベルリン・フィルにとって、1998年から2002年は、激動の4年間だったと思う。その時、世界のクラシック中心地で時代が動き、移ろうとしていた。

彼がベルリン・フィル音楽監督を退任するというニュースを知った時、私は焦った。
アバドベルリン・フィルなんて、いつでも聴けるチャンスがあるさ」なんて悠長に考えていたが、「物事には必ず終わりがある」ということに改めて気付かされたのだ。

「退任までに、できればベルリンでもう一度聴いておきたい。」

このファイナルコンサートを見つけたのは、まさにそうしたタイミングだった。これは大きな喜びだった。もしかしたら、そこでアバドのレガシーを見つけることが出来るかもしれない。
だから、このチャンスは逃すべきではないと強く思った。

だがそれにしても・・・である。

このプログラム! なんじゃこれ!?
またマニアックな・・・。

これで辞めるというの!? これがあなたの有終の美なの!?
もうまったくアバドくんったら、ひねくれ者なんだから・・。

それとも、これまで彼を容赦なく批判してきた評論家やアンチに対する当て付けみたいなもんか? 「これでも喰らえ!!」みたいな。

ショスタコ大好き人間の私でさえも、「リア王」には仰け反った。知らない作品だった。
慌ててCDを探したが、なかなか見つからない。
ようやく見つけ出し、旅立つ前に予習して本番のコンサートに臨んだら、何だか妙な違和感・・・。

後で知ったのだが、リア王には1940年に作曲した「劇付随音楽」と1970年に作曲した「映画音楽」の二つがあるんだってさ。
私が予習したCDは「劇付随音楽」、でコンサートのプログラムは「映画音楽」だったわけ。

もう本当にアバドくんったら、ひねくれ者なんだから・・。

ちなみに、ステージにはスクリーンが用意され、白黒映像による「リア王」ムービーを映し出し、そこに生演奏を充てていた。企画としては面白かったと思う。

たとえどんなプログラムであっても、どんな演奏であっても、この日会場に集った聴衆は指揮者にとことん優しい。演奏が終わるやいなや、皆一斉に起立。盛大なスタンディングオベーションが会場を包んだ。

そりゃそうだ、だってこれで最後なんだから。「お疲れ様でした」ってわけだ。

療養明けの復活アバドは、げっそり痩せ、頬がこけ、体が小さくなり、随分と老けてしまった。
そんな姿はかなりショッキングだったが、同時に、「なるほど、潮時というわけなんだな。」と理解した。


コンサート会場「フィルハーモニー」のロビーでは、アバドの功績を称え、ベルリン・フィルと共に過ごした12年間の軌跡を綴ったパネル写真展示会が開催されていた。
タイトルは「Danke Claudio Abbado !」 ありがとう、クラウディオ・アバド

f:id:sanji0513:20200713145026j:plain

f:id:sanji0513:20200713145043j:plain

アバドベルリン・フィルのコンビについては、必ずしも最高の結実をもたらさなかったという厳しい評価を下す人もいる。
だが私は、展示されている写真を一つ一つ眺めながら、「一時代を築いたんじゃないかなあ」としみじみ感じたのであった。

2002/4/24 ベルリン1

ベルリン、この時が3度目の訪問である。

えーとね、最初に言っておきますとね、5泊もしたベルリン滞在、観光に関しては特に何事もなく、何のトラブル、ハプニングもなく、とっても順調でした。フツーに観光ポイントを巡って、楽しく過ごしました。

つまんないでしょう?(笑)。

いいじゃないの、たまにはそういう穏やかな旅行記、書かせてくださいよ。ね。
トラブルやハプニング満載の旅行ばかりやっていると、身が持たん。
(実はこの後のマドリードで、一瞬ドキッとしたハプニングに遭遇したのだが、それはまたその時のレポートで。)

最初に訪れたのは、ペルガモン博物館。ベルリン観光の定番の一つ。

f:id:sanji0513:20200711102424j:plain

f:id:sanji0513:20200711102436j:plain

f:id:sanji0513:20200711102448j:plain

個人旅行のバイブル「地球の歩き方」には、こんなふうに紹介されている。
「ベルリンで1か所しか博物館に行く時間がなかったら、迷わずここをお薦めする。他では見ることのできないスケールの大きさに圧倒されるに違いない。」

そういうことで、古代遺跡の祭壇や門などを丸ごと館内に収めており、確かにスケールは大きく、その紹介文に偽りはない。

でも、ここでのポイントは「そうした古代遺跡を見て、グッと来るかどうか」だ。「おー、すげー!」と思うかだ。遺跡を見ながらしばしの時間そこに佇み、時空を越えた瞑想をすることができるかだ。

もし、特段古代遺跡に興味がなく、これらを「ふーん・・」とあっさり見て過ごしてしまうと、この博物館見学は、もう終わったようなものである。
遺跡はデカイが、展示数はそれほど多くない。「へー」なんて言いながら「はい、次」とばかりにさっさと巡ってしまうと、「あれ? これで終わり? マジ?」となる。

というわけだ。諸君、気を付けた方がいい。

次に訪れたのは、アルテ・ナショナルギャラリー。

f:id:sanji0513:20200711102521j:plain

ご覧のとおり、ギリシャ古典様式の美しい建物だ。中は近代美術館になっている。

この界隈、通称「博物館の島」と呼ばれるシュプレー川中洲は、このようにどれも建物が荘厳で、館内見学しなくても、お散歩だけでも十分に楽しいと思う。

最後にベルリン大聖堂DOM。

f:id:sanji0513:20200711102543j:plain

ヨーロッパの大聖堂や教会は入場無料がほとんどだが、ここはしっかり入場料を取る。
第二次世界大戦で大被害に遭い、長い年月をかけて修復したということなので、おそらく少しでも改修費に充てたいということではないかな。
この日、中に入ったら、専属オルガニストによる練習なのかどうかは分からないが、パイプオルガンの演奏が鳴り響いていて、多くの人が佇み、鑑賞していた。私も、かなりの時間じっと聴いて過ごした。

2002年 フェストターゲ&UEFAチャンピオンズリーグ準決勝への道2

旅行出発まであと10日という直前のタイミングで、ようやく待ちに待った準決勝カードが決まった。

第1試合、4月30日がバイヤー・レヴァークーゼンマンチェスター・ユナイテッド(@レヴァークーゼン)。

そして第2試合、5月1日がレアル・マドリード対FCバルセロナ(@マドリード)。

ク・・・クッ・・ク・ラ・シ・コ!!!!

ひぇぇぇ~!
まさかこんなすごい試合になるなんて・・・。
全世界が注目するスペイン・ダービー、レアル対バルサの「エル・クラシコ」。サッカーファンなら誰もが観たいと願う垂涎の超ビッグマッチ。
私も「一生に一度でいいからクラシコ観てぇよな」と思っていたが、まさかそれがチャンピオンズリーグ準決勝というステージで実現するとは!!

やっべぇー、鳥肌が立った・・・。


第1試合の方、伏兵レヴァークーゼンがここまで勝ち上がってきたというのは正直驚いたが、名将トップメラー監督が手塩にかけて育てたチームの実力は、決してフロックではない。

チームの精神的支柱は、ドイツ代表でも絶対的な中心選手として活躍するミヒャエル・バラック
それ以外にもFWオリヴァー・ノイヴィル、MFベルント・シュナイダー、DFカルステン・ラメロウは、いずれも日韓ワールドカップ大会に臨むドイツ代表のレギュラー級だ。
更にブラジル代表ルシオ、アルゼンチン代表プラセンテなど、錚々たるメンツが揃っている。
上で「正直驚いた」と書いたが、もしかしたら「至極真っ当な結果」だったのかもしれない。

旅行の移動という観点でも、4月30日の試合開催都市がドイツのレヴァークーゼンになったというのは、ラッキーだった。これで移動が楽になった。ベルリンから鉄道による国内移動で済むからだ。

同じく未定になっていた29日の滞在場所も、これでようやく決めることが出来た。
ボンにした。
旧西ドイツの首都、そして、ベートーヴェンの生誕地である。場所は翌日の試合開催都市レヴァークーゼンにも近い。
その日、ベートーヴェン・オーケストラのコンサートを見つけた。それを聴くこととしよう。

旅行会社から「観戦チケットは無事に確保しました。ホテルで受け取れるようになっています。」という連絡が入った。
また、ベルリン・フィル公演も、フェストターゲのワーグナーのオペラ3本も、チケットはしっかり取れた。
(※18年前のこの頃、既にインターネットのWEBは世界で十分に普及していたが、独自のオンライン予約・決済システムが整っているところはまだ一部に限られていた。ベルリン・フィルもフェストターゲも、チケットの申込みはメールで行った。)

これで準備は万端整った。それではいよいよ出発!
次回からようやく現地での旅行記に入ります。

2002年 フェストターゲ&UEFAチャンピオンズリーグ準決勝への道1

計画段階で、旅行スケジュールを次のとおり組み立てた。

4月24日  ベルリン1(ベルリン・フィル
4月25日  ベルリン2(シュターツカペレ・ベルリン
4月26日  ベルリン3(フェストターゲ「トリスタンとイゾルデ」)
4月27日  ベルリン4( 〃  「ニュルンベルクのマイスタージンガー」)
4月28日  ベルリン5( 〃  「パルジファル」)
4月29日  未定
4月30日  未定(チャンピオンズリーグ準決勝第1試合)
5月 1日  未定(   〃         第2試合)
5月 2日  ミュンヘンバイエルン州立歌劇場「アラベッラ」)
5月 3日  帰国出発
5月 4日  日本到着

UEFAチャンピオンズリーグは、ワールドカップのような一か所集中開催大会ではなく、決勝以外はホーム・アンド・アウェー。決勝トーナメントでは、試合結果によって次のステージへの進出チームが決まる以上、4月30日と5月1日の滞在都市がどこになるのかは、準々決勝が終わるまで決まらない。

なので、上記のとおり未定になってしまう。

「行き先が定まらないというのは、何だか居心地が悪い」と思いつつ、その行き先がどこになりそうなのかは、なんとなーく察しが付くのである。
なぜなら、準決勝に進出できるほどの実力を持つチームは限られているからだ。

具体的には、マンチェスター、ロンドン、マドリードバルセロナミュンヘントリノなどといった都市。

旅行会社からは、準決勝開催地がどこになったとしても、必ずその市内のホテルを確保しますという約束をもらっているし、チケットはそのホテルで受け取ることになっている。
また、開催地への移動手段で飛行機が必要になる場合には、すぐにフライトの手配をしてもらうことも依頼済だ。

その旅行会社から、計画策定に当たり、二つの注文を受けた。

一つは、準決勝第1試合の前日、すなわち4月29日の滞在場所について。
もしかしたら、諸事情により試合当日ではなくこの日に開催地への移動をお願いする可能性があるため、準決勝進出チームが決定するまで、流動的にしておいてほしいというものだった。
私はこれを了承し、「未定」のまま据え置くことにした。

二つ目は、日本への帰国日と出発地について。
5月1日に準決勝第2試合を観戦し、翌日2日にその開催都市の空港から帰国するとなると、フライトが直前まで決まらない。ゴールデン・ウィークという超混雑時期でもあるため、日欧間の往復フライトはできるだけ早く確定させたい。
このため、帰国は更にもう一日後の3日にした上で、その最終滞在地(帰国出発地)を早々に決めてほしいというものだった。
これについても了承し、ミュンヘンに決めた。5月2日の夜にバイエルン州立歌劇場で「アラベッラ」公演を見つけたことが決め手となった。


さあこれで、残す準決勝対戦カードが決まれば、旅行のすべてのスケジュールも固まる。
私は、決勝トーナメントの行方、準々決勝の試合結果を、固唾を飲んで見守った。

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝への道

ヨーロッパ最高峰、というより世界最高峰のサッカー大会、UEFAチャンピオンズリーグ
欧州クラブ覇者の地位と名誉を賭け、その雌雄を決する最終決戦に臨む2チームを決める準決勝。
あまりにもスペシャルで魅力的なゲームを観られる千載一遇の好機が到来した。

ホーム・アンド・アウェーで行われるセカンド・レグのスケジュールは、4月30日と5月1日。
ちなみに、ベルリンのフェストターゲでワーグナーを鑑賞するのは、4月26日から28日まで。

「行けるじゃん・・・」
思わずガッツポーズ。

ただし、「あくまでも日程的には」というだけの話。
乗り越えなければならない課題がいくつかある。

最初の問題は、トーナメントのため、準々決勝が終わるまで対戦カードが決まらないということ。
で、対戦カードが決まらないということは、すなわち、行き先も、移動手段も、ホテルも、何も決まらないということだ。
これはなかなか、というより、かなり厄介である。

次の問題は、チケットの確保だ。
要するに「取れるのかよ?」ということである。

世界的な注目イベントである事に加え、どこのチーム、どこの開催地かも分からない中、プラチナチケットは、いつ、どのようにして売り出すのか?
それに、当然、勝ち進んだ両チームへの優先配分が大きく占めるだろうし、チームに優先配分された物は、当然、ファンクラブ会員やシーズンチケットホルダーに対して更に優先販売させていくことだろう。

一見さんに立ちはだかる関門。壁は相当厚そうだ。

「普通に定価で入手しよう」なんて考えは、はっきり言って甘いな。捨てた方が良さそうだ。
現地でダフ屋から買うという手もなくもないが、それはそれでリスクがありそう。

「もはや個人の力、すなわち自力手配では、如何ともし難い」
このような理解に到達するのに、それほど時間はかからなかった。

この際、ある程度高く付くことは覚悟しよう。仕方がない。これは、お財布の問題ではなく「価値」の問題だ。「価値」こそが私にとって最重要なのだ。
(ここらへんの私の思考回路については、我が親友Kくんがよーく知っている)

ということで、私は確実に手配してもらうことを優先し、旅行会社に依頼することにした。

海外のコンサートや音楽祭などの鑑賞ツアーを専門に企画する旅行会社が存在するのと同様に、サッカーなどのスポーツイベントを専門にし、ツアーや手配を手掛ける旅行会社というのが存在する。
そういう会社を探したかったら、市販されているサッカー専門雑誌のページをめくればいい。観戦ツアーの宣伝広告案内が掲載されている。
(今の時代なら、ネットで検索というのが一番手っ取り早いかもね。)

そうやって見つけたA社に、私はさっそく電話をかけ、問い合わせをした。

「あのー、すみません、チャンピオンズリーグの準決勝を観たいと思っているのですが、手配が可能でしょうか?」
「もちろんオーケーですよ」
「これまでチャンピオンズリーグの決勝とか準決勝の手配をした実績はありますか?」
「はい、何度もありますよ」
「手配は確実なのですか?」
「100%保証ではありませんが、ここ数年で催行出来なかったことはありません。」
「団体ツアーではなく、個人旅行にしたいのですが?」
「航空券+ホテル(試合日のみでも可)+観戦チケットの3点セットであれば、承ります。」
「日程や飛行機の便など、こちらの希望を考慮してくれますか?」
「もちろんです。相談していきましょう。」
「ちなみに、チャンピオンズリーグ準決勝チケットの金額、だいたいおいくらですか?」
「一言でいくらと申し上げられません。リクエストや予算次第ですし、対戦カードにもよります。カテゴリーにもよります。ただし、これまでの実績ベースで大雑把に言うと、だいたい4万円から8万円くらいですね。」

以上のやりとりの後、なんと、私は、即決してしまった。
「手配、お願いします!」

手堅い人、慎重な人だったら、いくつかの社に問い合わせ、比較検討するんだろうね。それが真っ当なんだろうね。
でも、オレって結構こういうの、即断即決しちゃうんだよなー。そういう性格なんです。

チャンピオンズリーグ準決勝のチケットが4万円から8万円くらいというのを、「高ぇ」と感じるか、それとも「まあこんなもんか」と感じるかは、人によるだろう。

ちなみに、この年に開催された2002年FIFAワールドカップ日韓大会。さいたまスタジアムで行われた準決勝のチケットの値段、おいくらだったと思う?

カテゴリー1で、500USドル(※)。当時のレートは不明だが、今なら約5万5千円。
これ、定価です。
(※ 私は国内販売網ではなく、FIFAの公式チケットセンター(全世界向け)から買ったので、円ではなくドルだった。)

これが今回はブローカー価格になるわけで、それを考慮すると、概ねこんなもんなんじゃないか、
少なくとも、私は「オーケー、それでいいや」と思った。

ただし、もちろん安いに越したことはない。8万だと、やっぱ高い(笑)。
このため、旅行会社に対するこちらからのリクエストとしては、「なるべく安いカテゴリーでプリーズ」と依頼した。

フェストターゲへの道

ベルリンが誇る二つの歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ(DOB)とベルリン州立歌劇場が、かつてそれぞれにおける来日公演、つまり日本で、ワーグナー畢生の大作「ニーベルングの指環」四部作の連続チクルス上演を行っている。
これらは画期的な出来事だった。日本におけるリング上演史の中で、ベルリンの劇場が果たした功績は大きい。

私の場合、1987年のベルリン・ドイツ・オペラ公演は行かなかったので、2002年1月から2月にかけて行われたベルリン州立歌劇場来日公演の鑑賞こそが、自身初めてのリング体験であった。(※期間内にまとまって開催された連続通し上演という意味で)

実は、この2002年というのは、「日本の」だとか「私自身の」とかいったちっぽけな枠を超越した、全世界のワーグナー上演史に燦然と輝く一大プロジェクトがベルリンで行われたことをご存知であろうか。

ワーグナー全歌劇・楽劇作品(初期の一部作品を除く)の一挙連続上演。
これをベルリン州立歌劇場がやってのけた。

同劇場が主催するイースター音楽祭「フェストターゲ」で、3月24日から4月28日にかけての1か月間内に、リング四部作を含む10作品の上演を2サイクル行うというもの。
すべての演奏を一人の指揮者の下で行い、すべてのプロダクションを一人の演出家が担った。
前代未聞、全世界のクラシック音楽ファンやワグネリアン、関係者たちがあっと驚いた企画である。

それは、まさに指揮者がバレンボイムだったからこそ実現したプロジェクトであり、バレンボイムでなければ成し得なかった偉業であった。
1992年に音楽監督に就任してから10年という節目の年。1996年にはフェストターゲを創設し、歌劇場の実力と知名度を世界トップ級へと引き上げたバレンボイム。劇場と指揮者と演出家クプファーとの強力なタッグは絶頂期を迎え、プロジェクトは最高の結実のシンボルと言えるものだった。

こうしてみると、1月に行われた来日公演のリング上演は、ベルリンの本番前のいわば格好の予行演習だったと言えるだろう。

リング来日公演のチケットを手に入れた私は思った。
その勢いのまま「ベルリンにも行きてえー」と。続きを現地で体験したいと。
当時、まだバイロイト遠征を果たしていなかったこともあり、この‘もう一つの’ワーグナー祭りは、殊のほか魅力的に写った。

フェスティバルの終盤、4月末頃なら、なんとかゴールデン・ウィークに引っ掛けて行くことが出来るかもしれない。
さっそく公演スケジュールを調べると、4月26日が「トリスタンとイゾルデ」、27日が「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、28日が「パルジファル」(全チクルス最終日)だった。

いいラインナップではないか。
よし! この3つ、行こう! 決めた!

こうして鑑賞計画、旅行計画を着々と練っていたら、更なるスペシャルイベントをそこに付け加えられそうなことが分かってきた。

一つが「ベルリン・フィル クラウディオ・アバド音楽監督退任記念公演」。

もう一つが「UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2試合」。

もしかしたら、これはすごい旅行になるかもしれない・・・。

胸の鼓動の高鳴りを抑えることが出来なかった。

新型コロナウィルスの影響5

大昔の旅行のことを書き終え、一区切り付いたところで、ここでいったん現実に立ち返り、今の状況を見渡してみようと思う。

緊急事態宣言が解除となってからおよそ1か月。経済を復活させるため、世間的に日常を元に戻そうとする動きが活発になっている。
コロナ情勢によって打撃を被った業界、例えば飲食店などを営んでいる人たちや、そこで働いている人たちは、死活的な問題にぶつかった。だから、一刻も早く元に戻したいという動きについて、私はある程度理解出来る。

一方で、ウィルスは消えて無くなったわけではなく、それどころか、相変わらず連日のように新規感染者が発表されていて、問題は何にも解決していない。第二波は必ずやってくるという警告もある。(実はもう来てたりして)
つまり、一向に予断を許さないわけだ。

そんな中、3密の環境に陥りやすいコンサートなどの興行的な催しに関しては、依然として困難な事態に直面したままだ。

いくつかのオーケストラは、飛沫拡散の実証実験を行ったり、間隔を空けるため客席配置を再検討したりなど、色々と模索していると聞く。
思い切って再開に踏み切ったオーケストラもあるが、客入りを制限し、プログラムは小規模編成作品へと変更。現時点ではまだ海外から指揮者やソリストを招くことが出来ず、頭を抱えた状態はまだまだ続く。

少なくとも、かつて行っていたような元通りの公演、外来オーケストラの招聘来日公演などを開催するのは、まだ時間がかかるだろう。
特に、オペラを含め、大規模な合唱を伴う公演は、実現まで苦難の道のりが予想される。私の場合、そういう公演こそ待ち望んでいるというのに・・。


コンサートやオペラの公演鑑賞を大切な趣味とし、自分の人生の大きな一部となっていた私にとって、この現実を受け入れるのは、たしかに難しい。はっきり言ってアウト、「なんだか終わっちゃったよなあ・・」って感じである。
今までだったら、「日本が無理なら、海外に行けばいいじゃん」で良かったが、これまた当分無理。そういう意味でもやっぱり「終わっちゃったよなあ・・」なのだ。

まあ、そうは言っても、人生は続いていく。コンサートに行けなくても、海外に行けなくても、生きていかなければならない。

この趣味に全力を傾けてきたので、サンジくんさぞや落胆しているのでは、と御心配の向きもあるかもしれないが、大丈夫、切替えを図って、何とかやっております。

音楽鑑賞は生が最高ではあるけれども、生が叶わないのなら、CDや映像ソフトで楽しむことができる。
それに、近い将来、長年のお勤めに一区切りをつけ、第二の人生を開始する時、その時に是非やりたいなと思っていたことが幾つかあって、そのうちの一部を今、前倒しにしてやろうと思っているところだ。

何をやろうと思っているのかについては、また別の機会にでもお話しさせていただくとして、いずれにしてもこうした状況の中で、自分の出来ること、やりたいことを静かにやっていくしかないと思う。
健康を大切にしながら、何か取り組める事を探し、人生を楽しくやり過ごすための工夫を、これからも是非考えていこう。

そうしているうちに、もしかしたら、またかつてと同じような日常を取り戻すことが出来る日がやってくるかもしれない。

希望を捨てず、それまでは頑張りましょう。


さて、このブログについては、当面もう少し、過去の旅行記シリーズを継続しようと思う。いつまでやれるかは分からないけど。

次は、2002年ベルリンのフェストターゲ&チャンピオンズリーグ準決勝鑑賞観戦の旅。
また例によって、プロローグから始めます。よろしくー。