クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

音楽のない時間を過ごす

2月末以降、予定していたコンサートが次々と中止となり、4月末までのスケジュールがほぼ空となった。そしてゴールデン・ウィークの旅行も中止となった。
また、例年ならこの時期は、年度末ということで、仕事の一区切りだったり、人事異動に決まった人を誘ったりと、飲み会が多々入るのだが、今年は自粛ムードで一切なし。

仕事に行き、仕事が終わったら真っ直ぐに家に帰る、という毎日。
自宅では、欧州サッカーなど録画したスポーツの試合を観ることさえも叶わない。だって、やっていないんだから。

そんなぽっかりと空いた毎日であっても、本来なら、私には決してヒマを持て余すことがない強力な援軍がいる。
それは、CDやDVDといった、自室にある膨大な録音録画メディアだ。
仮に連日連夜、自室で音楽鑑賞に明け暮れたとしても、ストックは十分。新着メディアも出てくるし、おそらく一生困ることはないだろう。

だが、私はこのところ(ブログ記事に書いた「マイスタージンガー」鑑賞以降)、自宅で音楽をほとんど聴いていない。録り貯めているオペラも観ていない。

その代わり、映画を観たり、ドキュメンタリーを観たり、You Tubeを観たりしている。芸能人が馬鹿騒ぎしているだけのバラエティ番組は昔から嫌いだが、それでもたまにチャンネルが止まって見入ることだってある。

音楽が好きで、音楽を求めてわざわざ海外に行くくらいで、この趣味に人生を捧げているというのに、これはいったいどうしたことか。

実は、自分なりに現下の辛い状況を、真正面から受け止めてみようと思っているのだ。

コンサートが中止となって生鑑賞が叶わない。その悲しさを受け止め、身に染みさせる。安易に現実逃避するのではなく、それだけの一大事だということをきちんと認識する。
そして、失うことで、音楽が大切だということ、自分にとってかけがえのない物であることを、再発見したい。

こうやって音楽を遮断していたら、きっと飢えてくる。そして、その分「また音楽を聴きたい」という強い欲求が出てくるはず。
いつか再びコンサート通いの日常が戻ったその時には、大いに喜び、そのありがたさを噛み締めたい。

なんとなくそのように思っていて、音楽を聴くことをストップしているのだ。

今、演奏家だけでなく、プロモーターも、関係者たちも、苦境の中で必死に立ち向かっているはず。
この機会に、そうした人たちにも思いを馳せたいと思う。

ゴールデン・ウィークのアメリカ旅行は・・

当然のことながら、中止した。
この状況で行けるはずがないのは、言わずもがな。今や全米の感染者数は二万人越え。国家非常事態宣言が出され、日本政府も渡航自粛要請レベル2に引き上げた。

私が「ゴールデン・ウィーク、厳しいかもな」という気配と不安を感じたのは、こうしたアメリカ国内の蔓延状況を見てからではなく、もう少し前のこと。当初の状況は違っていた。東アジア一帯の感染状況で、日本は世界中から「危ない国の一つ」と見られていた。
トランプ大統領も「中国だけでなく、イタリアや韓国の状況も、そして日本の状況も注視している」と発言。それ故、「いずれ日本は、中国と同様に、アメリカから入国禁止措置を食らうだろう」と予想していた。
つまり、旅行が危ぶまれた原因は、日本にあったのだ。

ところが、まさかのごとく、形成は逆転。感染の爆発的広がりの中心地が、一気に欧米に移転。アメリカは今や、海外からの感染流入を食い止める段階を越えてしまい、国内の蔓延を抑える対策に翻弄される状態に陥っている。
ここに至り、私の思惑は「行きたいけどダメなんだろうな」から、「そんなところに行けるわけないじゃん」へと完全に様変わりした。

先週、航空券をキャンセルした。さてと、次はホテルのキャンセル手続、そう思っていた矢先のことだった。
まず、シカゴのホテルから問い合わせメールが来た。
「直近に、欧州、中国、イランへの渡航歴がありますか? また、アメリカ国内から移動して来る場合、どこの都市から来るのですか?」
回答によっては宿泊をお断りする可能性がある、と。
「いやいや、悪ぃけど行くのやめるから」というメールを返そうと思っていたら、立て続けに今度はニューヨークのホテルからメールが来た。
「ホテル業務の運営に支障が生じたため、申し訳ありませんが、予約をキャンセルさせていただきます。」
ありゃまー、こちらからお断りする前に、先に向こうから断られてしまった・・。

フランスやドイツも、観光を目的としたホテル利用を排除する措置が講じられているようだが、これは本当に異常事態。想像を絶する状況である。非常事態宣言の重大さを物語る一例だ。

鑑賞を予定し、既に購入済だったコンサートやオペラのチケットも、当初、すべてドブ捨てになるものだとばっかり思っていたが、こちらも事態が一変。メトロポリタンオペラとシカゴ・リリック・オペラから、公演中止と払戻しに関する連絡が来た。
本日時点ではまだだが、その他の公演、NYフィルハーモニック、シカゴ響、LAオペラ、フィラデルフィアオペラからも、遅かれ早かれ、同様の流れになるだろう。

それにしても、メトロポリタンオペラによる「オーケストラのメンバー、合唱団員などをレイオフ(一時解雇)し、健康保険の継続を除いて、給与の支払いを3月で打ち切る。」というニュースには、心が痛んだ。アンドラーシュ・シフ公演の鑑賞ブログ記事で、「困難に立ち向かい、打ち勝とう」なんて書いたが、空虚に響くばかり。絶望感に打ちひしがれる。

芸術の危機なんてもんじゃない。世界の危機。人類の危機。
我々は、いったいどうしたらいいのだろう。本当にもはや祈ることしかできないのか?


最後に、幻となったアメリカの鑑賞旅程を記録として残しておきたいので、書き留めておく。
4月24日 ニューヨーク  NYフィル  J・V・ズヴェーデン指揮 マーラー 復活
4月25日 ニューヨーク  メト ①トゥーランドット ②シモン・ボッカネグラ
4月26日 フィラデルフィア  フィラデルフィアオペラ  蝶々夫人
4月27日 シカゴ  シカゴ・リリック  ラインの黄金
4月28日 ニューヨーク  メト  マノン・レスコー
4月29日 シカゴ  シカゴ・リリック  ワルキューレ
4月30日 シカゴ  シカゴ響  ムーティ指揮 ベートーヴェン交響曲4番、7番 他
5月 1日 シカゴ  シカゴ・リリック  ジークフリート
5月 2日 ロサンゼルス  LAオペラ  ペレアスとメリザンド
5月 3日 シカゴ  シカゴ・リリック  神々の黄昏

2020/3/19 アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル

2020年3月19日   アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル  東京オペラシティホール
シューマン  精霊の主題による変奏曲
ブラームス  ピアノのための6つの小品、4つの小品、3つの間奏曲
モーツァルト  ロンド イ短調
バッハ  平均律クラヴィーア曲集第1巻より 第24番
ベートーヴェン  ピアノ・ソナタ第26番 告別


チケットを買った時は、まさか本公演がこんなにも特別なものになるとは、夢にも思わなかった。
予定していたコンサートが次々と中止に追い込まれ、自分のスケジュールに穴がどんどんと空いていく。そんな世間全体が自粛ムードに陥る中、敢えて実施を決行させたリサイタル。
そこには、主催者と演奏者の双方に、「この困難に立ち向かい、打ち勝とう」という強い決意が存在したはずだ。(営業的な損得はこの際別にして)

会場には多くのお客さんが集った。
彼らは(私も含め)、決して能天気風に誘われて足を運んだわけではない。
主催者側は、感染予防として出来る限りの対策を会場にて施し、上演実現にこぎ着けた。
私達もまた、マスクを着用し、手洗いやアルコール消毒をし、咳エチケットに注意を払いながら、意を決して会場に向かった。
「困難に立ち向かい、打ち勝ちたい」と願ったのは、我々だって同じ。
更には「こういう状況だからこそ音楽が必要だし、私達は音楽と共に有りたいのだ!」という愛好家の断固たる意思表明でもあったのだ。

聴衆は、乾いたスポンジのような状態で、演奏を待った。
そこに、シフの瑞々しい音楽が浸り、少しずつ潤いを取り戻していく。

ブラームスのピアノ作品は、こんなにも耽美で、瞑想的だったのか。
モーツァルトの小品は、こんなにも物哀しかったのか。
ベートーヴェンソナタは、こんなにも普遍的だったのか。

こういう状況だからこそ、感じることがある。
一音一音を噛みしめるからこそ、気付くことがある。

演奏者がアンドラーシュ・シフだったというのは幸運だ。
彼の演奏には、押し付けがましさが無い。演奏を聴かせようとするのではなく、音楽を聴かせようとする。

この日の聴衆は、おそらく沢山のことを受け止め、思いを巡らしたことと思う。
誰もが実感したのは、音楽が持つパワーであろう。我々はまさにそれを受け取るために会場に駆け付けたのだ。

ティーレマン&ウィーン国立歌劇場の「マイスタージンガー」

ご承知のとおり、政府のイベント等の自粛要請によって、鑑賞を予定していたコンサートが次々と中止になった。

今、ヒマである。

ということで、ウィーン国立歌劇場ニュルンベルクのマイスタージンガー」公演の収録映像を観た。2008年のライブ。指揮はC・ティーレマン。長いオペラは、ヒマな時に観るのがいい。

この視聴は、自分の中で「欠けてしまった物を取り返したい」という意味合いがあった。
もちろんそれは、先月ドレスデンで鑑賞することが出来なかった「ティーレマンマイスタージンガー」のことを指す。
ここで言う「欠けてしまった物」、それは「あの時きっと得られるはずだった感動」だ。

録音やビデオで生鑑賞の感動を追体験することは無理、というのは分かっている。
でも、録音やビデオでも感動することは十分に出来る。素晴らしい物は、何であれ、素晴らしいのだから。

さて、このマイスタージンガー、歌手陣がとにかく強力だ。おそらく、12年前の当時において、望み得るベストのキャストだったのではないかと思う。

ザックス役のファルク・シュトルックマンは、この時、ヴォータンやアンフォルタスなどワーグナーの重要な諸役で、頂点に立っていた。少々癖のある歌い方だが、それこそがシュトルックマンの持ち味。貫禄があり、威厳があり、風格がある。最高のザックスだ。

ヴァルター役のヨハン・ボータ
ああボータ・・。貴方様の歌声はもう録音でしか聴けないのか・・。なんて悲しいこと・・。
美しく朗々とした歌唱。演技は少々、というより、かなり大根だが、それもまたボータ也。
演技なんてどうでもいい。歌ですべてを制圧し、浄化させてしまうスーパーな歌手。
歌合戦の場面で、ヴァルターが「朝はバラ色の輝きて」を歌うと、祭りに集まった人々が「真の作者が歌うと、こんなにも素晴らしい歌になるのね!」と湧き立つ。
あれは決してドラマの中の出来事ではない。
その場にいるすべての人、舞台に立っている合唱陣も、劇場内で鑑賞している人も、映像を視聴している私たちも、皆ボータの歌に聞き惚れ、湧き立ち、感動しているのだ。

アドリアン・エレートのベックメッサーは、まさに天下一品、国宝級のナイス。6月の新国立劇場公演で、共同制作であるにも関わらず、ザルツブルクイースター音楽祭やザクセン州立歌劇場の本公演とでキャストが全面的に入れ替わる中、唯一エレートが参加してくれるのは、救いとしかいいようがない。

指揮のティーレマン
この映像を観たら、生で聴けなかった悔しさの念がまた募ってくるのではないかと危惧したが、やっぱりそうなった。クソー聴きたかったぜ。逃した魚はデカい。
特筆すべきは、鳴らすところは最大限に鳴らしつつ、歌手の聴かせどころでは下支えに徹し、物語を展開させる場面では回り舞台が動くかのごとく快活、その手さばきの鮮やかさである。
第三幕の前奏曲は、オーケストラの重厚な響きが、なんとも心地よい。絶妙のドライブ、圧巻の演奏。食い入るように観、そして聴き入った。さすがはティーレマン、そして、さすがはウィーン・フィル

クライマックスのザックスの演説歌、そして民衆の「ザックス万歳!」というハッピーエンドの高らかな合唱に、私は猛烈に感動して、涙がポロポロとこぼれた。
今、コロナ騒ぎで、世界中が危機の真っ只中だ。人々は不安になり、恐れ、萎縮し、下を向いている。
だが、ザックスは言う。「マイスターの働きに敬意を表すれば、聖なるドイツの芸術は廃れずに残るのです!」と。
民族の崇高な誇り、ここにあり。

そうだ。前を向こうじゃないか。この危機はいつか必ず乗り越えられる。その時には、必ずや「芸術万歳!」と叫ぼう。
そう思いながら聴いていたら、涙が止まらなくなった。

芸術の力、音楽の力を信じようぜ、みんな。そして、人類の力を信じようぜ。

新型コロナウィルスの影響4

イタリアにおける国内移動制限や店舗、劇場、博物館等の封鎖措置。
アメリカにおける欧州からの大幅な渡航制限措置、NBAの公式試合中断、MLBの開幕延期、ニューヨーク・フィルやMET、カーネギーホール、ブロードウェイ劇場の公演中止。
カナダにおけるフィギュアスケート世界選手権中止。
オーストラリアにおけるF1グランプリ開幕戦急遽中止。
オーストリアにおけるウィーン国立歌劇場ザルツブルクイースター音楽祭の公演中止。
ポーランドにおけるショパンコンクール予備予選の開催延期。
ドイツにおけるベルリン・フィルベルリン州立歌劇場、バイエルン州立歌劇場などの各公演中止。

ひぇええ~、なんてこった・・・。こんなにも世界中に広まってしまった。
もうダメだぁ・・。いよいよ世も末だわな。

オリンピックも、トランプ大統領が言及したことで、延期・中止がいよいよ現実味を帯びてきた。
私自身も「こんな状況じゃ、とてもじゃないけど無理っしょ?」という意見に賛成一票。
政府や組織委員会、東京都などは皆、口を揃えて「ありえない」と言っているけど、絶対に極秘で延期・中止の想定をしていると思う。もし本当に「ありえない」の一点張りで何も想定していないとしたら、本物の能天気バカ。

予定している私のゴールデンウィークアメリカ旅行も、もう9割方諦めている。

アメリカは、上に書いたとおり、期限付きとはいえ欧州からの大幅な渡航制限措置を講じてしまった。
クラシックの世界ってさあ、イタリアやドイツを始めとするヨーロッパ出身の音楽家たちに完全に依存しているわけですよ。そういう人たちを含めてシャットアウトしちゃったわけですよ。
そりゃ公演なんか成立しないわな。

あ、いや。問題はそこじゃない。

旅行先のアメリカで公演やるか、やらないかとか、そうではなく、そもそも行くべきなのか、ということだ。

ニューヨーク、カルフォルニア州など各地で非常事態宣言が出ているんだぜ?
ゴールデンウィークまでのあと1か月ちょいで、これがたちまち収束するわけがない。
そうした中で旅行を決行し、万が一感染して帰ってきてみ?
「おまえバカか?」という批判は免れない。

出勤した後に感染が判明したら、それこそ一大事だ。自分だけの問題で済まなくなる。
最悪の場合、職場は閉鎖。同僚も含めて隔離されるだろう。
想像するだけでも恐ろしい・・・。

とにかく、自分のことはどうでもいい。現に、経済的に打撃を被っている人も多いだろう。
だから、一刻も早く収束に向かうことを祈ります。祈ることしか出来ないけど、祈ります。

新型コロナウィルスの影響3

新型肺炎コロナウィルスの影響拡大は、留まるところを知らない。
もう、自分が予定していた国内コンサートのキャンセルどころではなくなってきた。いよいよ、次の旅行計画にも黄色信号が点滅しようとしているのだ。

私の次の旅行予定は、ゴールデンウィークアメリカだ。ニューヨーク、フィラデルフィア、シカゴ、ロサンゼルスという久しぶりの長期で、もちろんMETやニューヨーク・フィル、シカゴ響、シカゴ・リリック、ロサンゼルス・オペラなど、連日連夜の鑑賞しまくり計画である。

だが、暗雲が漂っているのは、ご承知のとおり。トランプ大統領は、中国、イランだけでなく、感染者数が日々拡大しているイタリア、韓国、そして日本に対しても入国禁止措置の検討に向け、事態を注視していると発表した。

いや、そんな入国禁止措置が適用される、されないより、そもそもアメリカの国自体にもどんどんと感染が広がっていて、状況が急迫しているのである。
ニューヨーク州カルフォルニア州では、既に非常事態宣言が発令された。NBAは無観客試合を検討との報道もある。
もしかしたら、日本と同様に、イベント関係が一気に一斉休止・延期・無観客に向かっていく可能性がある。たとえ入国禁止措置を免れたとしても、鑑賞予定の公演が中止になったら、私の場合、旅行の意味は失われたも同然なのだ。

ただ、今の私の気持ちとしては、結構落ち着いている。
非常事態なのだ。どうしようもない。仕方がない。
だから、既に半ば諦めかけていて、結果を淡々と受け入れる用意が出来ている。

既にほぼすべての公演チケットを購入済だが、それとは別に、旅行に行くことで、これからかかってくる出費というのがあり(例えば宿泊代、観光代など)、旅行が中止になればこうした経費が浮く。行かないことで、プラスの経済効果があるわけだ。

購入済の公演チケット代は状況次第。
主催者の方が公演中止とすれば、当然返金されるだろう。
問題は、入国禁止措置により行けなくなった場合で、これは返してくれないかもね。いちおう「行けなくなったのは、あんたの国の措置のせいなんだから、金返せよ」ともがいてみるが・・・まあ、無理だろうな。

困るのは、「やる公演もあれば、中止の公演もある」みたいな中途半端な状況が起きてしまうこと。
そして、最悪なのは、行ったことで自分が感染してしまったり、隔離されてしまったり、になること。

さて、これから果たしてどうなるのか。
今後の行方について、焦らず、不安にならず、淡々と冷静に構えて様子を見ようと思う。

まずは、今、国内で、個人として出来る感染予防対策、手洗いやアルコール消毒などをしっかりやらねば、ということだね。

新型コロナウィルスの影響2

恐れていたことが現実になった・・。
「多数の人が集まる大規模イベントや集会について、2週間程度、延期や規模縮小等の対応を要請する。」
この政府からの発表によって、日本国内は一気に自粛モードへと突入した。

発表は「一切のイベントを中止せよ」とはなってない。政府は「一律の自粛を要請するものではない」と、いちおうお断りしている。
そうは言っても、だ。
北海道では非常事態宣言が出た。国は全国の学校に対して「春休みまでの臨時休校」を要請した。
そんな社会情勢を見れば、イベント主催者として苦渋の決断を下さざるをえないのは、もうどうしようもなく仕方がないのだと思う。
かくして、プロ野球オープン戦やJリーグ公式戦などのスポーツイベント、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパン上野動物園や博物館などの営業など、続々と中止や延期、閉鎖、あるいは無観客催行になっていった。

クラシック音楽関係も、ご多分に漏れず、これらに追従した。政府が発表した「2週間程度」というのを受け、とりあえずその間はほぼすべてと言っていいくらいの公演で中止や延期が決まった。
私がチケットを購入したもので言うと、「2月28日読響定期」「3月6日ムーティ講演会」「3月8日エーテボリ響」「3月9日都響定期」「3月13日F・ジャルスキーリサイタル」「3月15日東京・春・音楽祭マクベス」がアウト。3月15日までの間に自分のスケジュールに入っていたすべての公演が吹っ飛んだ。

エーテボリ響なんて、一旦来日したんだよな。遠くからはるばるいらっしゃって、入国した途端に中止だもんな。で、すぐにお帰りになったそうだ。
演奏団体も関係者も、さぞや落胆しただろうな。
もっとも、エーテボリ響の方は、巡演中に感染したらたまったもんじゃないから、中止決定は淡々と受け止めたのかもしれない。

いずれにしても、現状の事態は極めて深刻。とても残念だし、悲しい。

個人的には、一律に右へ倣えで中止というのではなくて、主催者の慎重な判断の上での催行でも良いのでは、とも思う。実際、NBS日本舞台芸術振興会は、「パリ・オペラ座バレエ公演」で、敢然と催行を続けている。
先日のムターのリサイタルの時は、入場ゲートや館内各所に消毒用アルコールを設置していたし、手洗いの励行や咳エチケットについても館内放送でしっかり注意喚起していた。やるべきことを十分に徹底していたと思う。

でも、主催者からしてみたら、何かが起こった時、つまり、イベントを開催して万が一そこで感染が発生した時、責任が取れないんだろうな。「なんで開催したんだよ」っていう批判を思い切り浴びるもんな。
やっぱ、仕方がないということか。

今後の懸念としては、3月16日以降の公演がどうなるか、である。
目玉公演が目白押し。チャイコフスキー・オーケストラ、アルゲリッチクレーメル、東京・春・音楽祭の各公演・・・。
発売と同時に一瞬にして完売となったクルレンツィス&ムジカ・エテルナ公演が中止になったら、多くのファンが落胆することだろう。

私のブログも、基本は鑑賞記だから、公演が中止になるとネタが無くなって、死活問題だわな。

あ、いや、こんな一大事の時に、オレのブログなんかどうでもいいか(笑)。

とにかく今はクラシック音楽関連といった小さな枠を越え、経済的にも社会的にも、国家的危機状況なのだ。頑張って耐え忍び、乗り越えるしかないよね。

それにしても、公演中止によるチケット代金払い戻しのおかげで、先日の旅行のトラブルの際、余計な出費を強いられた分を、期せずして取り返せることになったのは、何たる怪我の功名か・・・。