クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2022/9/25 オロペサ&サルシ リサイタル

2022年9月25日  リセット・オロペサ&ルカ・サルシ リサイタル  東京文化会館
指揮  フランチェスコ・ランツィロッタ
管弦楽  東京フィルハーモニー交響楽団
ヴェルディ  マクベスより「慈悲、敬愛、愛」、椿姫より「ああ、そはかの人か」、「ジェルモンとヴィオレッタのデュエット」、リゴレットより「悪魔め、鬼め」
ドニゼッティ  ランメルモールのルチアより「エンリーコとルチアのデュエット」
ジョルダーノ  アンドレア・シェニエより「国を裏切る者」
ベッリーニ  清教徒より「狂乱の場」
ロッシーニ  セヴィリアの理髪師より「ロジーナとフィガロのデュエット」    他


2011年のボローニャ歌劇場来日公演で「清教徒」のリッカルド役で出演していたルカ・サルシ。この時の彼のことをはっきり覚えている人がどれくらいいるだろうか。
かく言う私もほとんど印象に残っていない。
その次に、2012年にイタリア・マチェラータ音楽祭に行き、この時「椿姫」のジョルジョ・ジェルモン役で出演したのを聴いているのだが、これもほとんど記憶に残っていない。

私がサルシの顔と名前を素晴らしい歌唱と共にしかと脳裏にインプットしたのは、2014年のローマ歌劇場来日公演で、リッカルド・ムーティ指揮のもと、ナブッコのタイトルロールを歌った時だ。
それ以降、ザルツブルク音楽祭での「アイーダ」のアモナスロ、ミラノ・スカラ座での「アンドレア・シェニエ」のカルロ・ジェラール、同じくスカラ座での「エルナーニ」のドン・カルロの諸役を聴き、彼が純正イタリアの正統バリトンとして揺るぎない地位を確立させ、偉大なるレジェンド、レオ・ヌッチの後継者となったことをはっきりと理解した。


一方のオロペサ。
私が初めて彼女を知った、というか、その名前を見つけたのは、2010年のメトロポリタンオペラでプレミエ上演されたワーグナーニーベルングの指環」(映像)のヴォークリンデ役である。まあ、端役だ。
大掛かりなセットを施したロベール・ルパージュ演出の犠牲者(?)として、ラインの乙女たちは冒頭に宙づりで高所から歌うこととなり、リハーサルでは3人が「きゃー、怖い、怖い!」と喚いていたシーンが、製作の舞台裏を収めたドキュメンタリー・ビデオに残されている。
その後、彼女が出演した2016年ミュンヘン・オペラフェスティバルのラモー「優雅なインドの国々」上演ライブもブルーレイで視聴したが、どちらかといえば歌よりも「きれいなお姉さん」の印象の方が強かった。

それが今では世界的な歌劇場で引っ張りだこのトップ歌手。近年の躍進は目を見張り、「あわわ・・」と驚くばかりである。


今年6月のドミンゴ&ゲオルギューのリサイタルもそうだったが、ソロと違い、デュオの場合は相手がいるため、丁々発止のやり取りで歌い合う、というのが実に楽しい。表情を作り、動き、見つめ合い、手を取り合う。こうした一つ一つの振舞いが、装置がなくても、衣装を着なくても、オペラの一場面をくっきりと想起させる。

世界的な一流歌手というのは、さすがというか、聴かせ、そして見せつけるのが上手い。演技も小慣れていて、堂に入り、洒落ている。まさに千両役者だ。

更にデュオ・リサイタルの良いところは、ソロを交互に歌い、そしてデュエットと、聴衆は続け様に素敵な歌唱を満喫出来ること。
これがソロリサイタルだと、「一曲歌ったら、ハイ次の曲はオーケストラ演奏曲で一休み」というパターンが繰り返される。結局全プログラムのおよそ半分がオケの小品演奏になることもしばしば。
はっきり言っちゃうと「そんなのいらねえ」なんだよね。だって、歌手を聴きに来ているんだからさ。もちろんずっと歌い続けることが出来ないというのは、分かるんだけどね。
そういう意味で、デュオ・リサイタルはお得。


二人を比較してもしょーがないが、個人的には、圧倒的にルカ・サルシの貫禄の歌唱に魅了された。
上にも書いたが、今やサルシはイタリアン・バリトンの第一人者。本格的なイタリア・オペラを上演したいのなら、絶対に彼が必要と言っても過言ではない。そのサルシの歌声をじっくりと聴くことが出来たのだ。大満足。


この日も主催者は例のごとく、「ブラヴォーなどの掛け声はお控えください」アナウンスをしていたが、こんなに素晴らしいショーを聴かせてくれて、「黙って拍手だけしてろ」とか言われても、「そんなの無理」というもの。会場のあちこちから、多少遠慮気味ではあったが、ブラヴォーが飛んだ。

いいと思うよー。
だってそれ、至極真っ当な反応の感情表現であり、なおかつ演奏家に対する心からの答礼なのだ。そんな行為を禁止してどうしようというのか。

実際、ルカ・サルシさんは、本プロの終了後、カーテンコールで、「なになに、アンコールが聴きたい? じゃ、もっとコールしてよ! ほらほら~」と会場を煽っていた。

そうだよ。演奏家だってそれを待ち望んでいるんだ。きっと演奏家はそれが嬉しいんだ。私たちだって、応えなければ。

「コロナが怖い」と顔をしかめるアナタ。今はもうコロナと共存していかなきゃいけない時代に入ったんです。
そもそも「ブラヴォー」でコロナ感染するって、いったい誰が言った?
ちなみに、終演後、会場に設置されたアンコール曲目紹介の掲示板に群がるお客さんに対し、係員が「距離を開け、群がらないようにしてくださ~い!!」と大声出していたが、じゃあ、そっちはいいのかよ!?

1990/11/25 ウィーン3

ウィーン三日目。日曜日。
毎週日曜の朝に王宮礼拝堂で行われるミサを見ようと出掛けた。

キリスト教の国に旅行すると、観光で日曜日に教会の中に入ろうとしたら、「ちょうどミサをやっていました」というのは、あるあるパターン。ちゃんとお祈りをしたい人はもちろん参加できる。ひやかし観光客の場合も、後ろの方でこそっと覗くだけならば、お咎め無しのところが結構多い。(お咎めする教会も、たまにある)

ここウィーンの王宮礼拝堂は、観光客向けにミサの観覧チケットを販売している。
目玉となっているのが、ミサの伴奏を担当しているカンマー・オケ「ホーフムジーク・カペレ」と、ウィーン少年合唱団だ。ホーフムジーク・カペレには、ウィーン・フィルの奏者が参加しているという噂もある。

観光ガイドブックにもしっかり掲載されていて、「あのウィーン少年合唱団が聴ける!」みたいな宣伝文句が踊っている。私もこれにまんまと引っ掛かり、思わずチケットを買ってしまったというわけ。別に、真剣にウィーン少年合唱団が聴きたかったわけではない。あくまでも興味本位。

この王宮礼拝堂ミサ見学のことについても、何を隠そう以前のブログ記事に書いている。何だか重複するお話ばかりで申し訳ない。ご勘弁。今回も旅行記として体裁を作りたいので、転載し、多少の加筆修正を施して再掲させていただく。


チケットは前日に買っておいた。席種のカテゴリーがいくつかに分けられていて、どのカテゴリーを買ったのか、いくらだったかは、正確には覚えていない。なんとなく真ん中くらいのカテゴリー、3千円くらいだったような、微かな記憶がある。


「嘘だろ!? マジかよ!?」

自分の席に案内されて、絶句してしまった。そこは礼拝堂内ではなく、別室の小部屋だった。10人くらいが座れるスペースだろうか。
小窓があって、礼拝堂に面しており、そこから直接見下ろせば、礼拝の様子を眺めることが出来る。
だが、それが出来るのは、小窓の目の前に着席する最前列のたったの2、3人のみ。残りの人はまったく見ることが出来ない。指定席なので、勝手に窓側に移動することもできない。
各部屋にはモニターTVが設置されている。直接覗けない連中は、「そのモニターを見よ」である。
聞こえてくる司祭のお話も、礼拝の音楽にしても、ウィーン少年合唱団の歌声にしても、すべては窓越し。臨場感、ゼロ。

これはひどい。騙された。どう考えても、こんなの詐欺だろ!?」

予めチケットを買う際に、ちゃんと「直接ミサの様子を見られない席です。音も窓越しです。」という条件を説明され、しかも相応の安席というのなら、別にいいだろう。それを承知で買った自分の責任になる。
だが、そんな説明は一切なかった。しかも自分は決して安カテゴリー席を買っていない。
これでだいたい3千円なのだ。ムジークフェラインの立見席より高いのだ。
ありえない。そんなの無しだ、無し。

小部屋内の自席の椅子に座り、小さなモニターをぼーっと眺め、小窓から漏れてくる音を聴きながら、沸々と湧き上がる怒りを抑えてじっと堪える私。今考えれば、明らかに時間の無駄だったと言えよう。とっとと退散すればよかった。

ミサ終盤に差し掛かると、今度は各部屋に籠を持参した人が回ってきた。献金である。
キリスト教のミサではこれを行うのが常。なので、それ自体を否定はしない。
だがこの時は、火に油を注がれたような気分になった。「こんなお粗末な扱いをしておいて、まだ金をせびるのか、コノヤロー」ってなもんである。当然無視。

ちなみに、ウィーン少年合唱団が陣取っているのは、礼拝堂の後方最上階。彼らが歌っている姿は、高い席を買おうが安い席を買おうが、ほとんどのエリアで見えません。そういう意味でも、期待は裏切られる。


さ、さ、気を取り直して、観光を続けよう。

ガイドブック「地球の歩き方」に、「世界一美しい図書館」と紹介されている国立図書館プルンクザール。
ここも、観光客向けに歴史的な書物を収蔵している豪華なホールを有料で公開している。

地球の歩き方によれば、入り口に入場券を買う場所があって、購入後に階段を登り、ホールに向かう、ということになっている。
ところが、行ってみると、入り口にそんなチケット売り場は見当たらなかった。
そのまま階段を登ると、内部の豪華なホールが見えるその場所に、なんとなく係員用らしきデスクが置いてあったが、そこに人はいなかった。

「おや~!? チケット買いたいんだけどなあ・・・。どうしたらいいのかなあ・・・」
なんて呟きながら、恐る恐るホールに侵入。

世界一美しい図書館プルンクザール、見れてしまった。タダで。
スミマセン。
でも、チケット買う場所見当たらなかったし、係員もいなかったし、そりゃしょーがねーよな。「タダでどうぞどうぞ」と言われているようなもんだろ。
王宮礼拝堂で詐欺紛いにあったのだから、それくらい勘弁しろよ。な。
じゃ、そういうことで(笑)。


この日の観光は、この後、王宮見学、ハプスブルク家墓所カプツィーナ教会、グラフィックアート美術館アルベルティーナ、演劇専門のブルク劇場のガイドツアーなど、巡りまくり。
今と違って、当時は若くて体力もあったので、夜の公演のことも気にせず、めいいっぱい観光で歩き回っていた。

あー、あの頃の若い自分に戻りたい。

2022/9/20 読響

2022年9月20日  読売日本交響楽団  サントリーホール
指揮  セバスティアン・ヴァイグレ
合唱  新国立劇場合唱団
ファン・スミ(ソプラノ)、大西宇宙(バリトン
シュニーダー  聖ヨハネの黙示録
ブラームス  ドイツ・レクイエム


記事として書くことがあまり無いので、本当はアップするのを躊躇した公演。それでも「行きました」という記録は残したいと思い、書くことにした。

なぜ書くことがあまり無かったかというと、この日のメインプロのドイツ・レクで、何度となく睡魔に襲われ、集中して聴くことがほとんど出来なかったのだ。

疲れていたのかなあ・・。
前日遅くに家族・親戚の一泊旅行から帰ってきた。(F・D・フローレスのリサイタルには行けなかった。)その時はそれほど疲れているとは感じなかった。
それでも、朝から普通に仕事に行って、やっぱり疲れが出たんだろうな。もう年だしな。

睡魔に襲われた理由として思い当たることがもう一つあって、自分はブラームスのドイツ・レク、なんかイマイチなのである。なんつーか、あまり琴線に響かないというか。なぜかよく分からないけど。
なんでだろう・・名曲だとは思うのだが。この曲が好きな人だって、きっと多くいるだろう。
でも個人的にイマイチなんだから仕方がない。

ま、そういう曲もあるわな。


一曲目のシュニーダーの作品は、まったく期待していなかったが、結構面白かった。現代音楽っぽくなくて、むしろ聴きやすい曲だった。

いっそのこと、私の大嫌いないわゆるコテコテの現代音楽だったら、むしろ前半に爆睡して疲れを取り、ドイツ・レクで復活出来たかもしれなかったな(笑)。


この日も新国立劇場合唱団が大活躍。
今月は都響ヤナーチェクのグラゴル・ミサを演奏し、N響とヴェル・レクを演奏し、そしてこの日の読響。
一曲目なんて日本初演だったのだから、譜読みの一から始めて大変だっただろう。
それにしても、新国立劇場合唱団、引っ張りだこじゃないか。どんだけプロオケから信頼されているんだ!?

そうした信頼に応えられるハイレベルな実力を十分に備えているってことだね。

1990/11/24 ラ・ボエーム

1990年11月24日  ウィーン国立歌劇場
プッチーニ  ラ・ボエーム
指揮  シルヴィオ・ヴァルヴィーゾ
演出  フランコ・ゼッフィレッリ
ルイス・リマ(ロドルフォ)、ジョアンナ・ボロウスカ(ミミ)、パトリシア・ワイゼ(ムゼッタ)、ゲオルグ・ティッヒ(マルチェッロ)、マンフレート・ヘム(ショナール)、ゴラン・シミッチ(コルリーネ)   他


人気演目、初心者向けの定番、「ラ・ボエーム」。
もし今なら、わざわざ海外に行ってまで観ようとは、決して思わない。そもそも「これをやってりゃ、お客は喜ぶし、安泰」とばかりに軽々しく上演目に取り上げようとする風潮が私は嫌いだから、「椿姫」と「ボエーム」は基本観ない。海外旅行計画の中でこれらの上演を見つけたとしても、しれっとスルーして、別の場所で他に何かやってないかを探す。

今なら、ね。

当時、ワタクシ初心者でございました、ハイ。
映像(レーザーディスク)で観た英国ロイヤル・オペラ・ハウス上演ライブ(1982年)のボエームはめっちゃ感動したし、涙ポロポロこぼしましたっけ。
だから、憧れのウィーンでこの演目を観られることを、大いに喜んだのであった。
もちろん、本公演が私のボエーム初体験。
本当なら自慢したいところなんだけどね。「オレっち、初ボエームはウィーンだったぜ!」ってな。
でもね。
私は、クライバーが振ったスカラ座の来日公演を逃しているのであった。
クライバーのボエームに勝るものはない。「ウィーンで観た」自慢なんか、あっという間に霞んでしまうわけさ。


実はもう一つ、本公演で厳しい現実の壁というか、手痛い洗礼を受けたことがあった。
主役の降板、キャスト変更である。
当初、予定されていたミミ役は、イレアナ・コトルバシュであった。
コトルバシュ・・・上記のロイヤル・オペラ・ハウス映像で、彼女がミミだった。だから、実際にウィーンで彼女のミミを生で聴けるというのは、ものすごく楽しみだった。

この時、まだこうしたキャストのドタキャン変更には不慣れで、「まさか!?」みたいにショックだったが、その後、ドタキャンはオペラ界において日常茶飯事であることを身をもって思い知り、やがて何度も痛い目に遭っていく。恐ろしいことだ。

代役で出演したボロウスカは、当時はもちろん、今もまったく知らないが、ネットで検索してみたら、1986年のROH来日公演の「カルメン」で、ミカエラ役で来日していたとのこと。
また、アバドウィーン国立歌劇場と収録し、録音盤として残っている「ホヴァンシチナ」にも名前が出ている。
ウィーンでの公演の印象は、コトルバシュ降板のショックもあってか、まったく記憶に残っていないのが残念だ。

対象的に鮮烈な印象を残し、今でも覚えているのが、ロドルフォのリマ。
美しく、朗々として、張りのある声。ラテン系らしい情熱的な歌いっぷり。
ああ、さすが。こういう上手い歌手が登場してくるのが、ウィーン国立歌劇場というわけだな。
何だかリマというより、一流歌劇場の格、威力に感服したのであった。


ゼッフィレッリの舞台も息を呑むくらい美しかった。
有名な第二幕の群衆シーンもスペクタクルだが、私が魅了されたのは第三幕。しんしんと降り積もる雪景色のセットに目を奪われた。

ゼッフィレッリは、メトロポリタンオペラとスカラ座でもボエームを手掛けている。ご存じの方、これらの公演をご覧になった方もいらっしゃるだろう。基本的なコンセプトは同じだが、舞台の作りは微妙に異なっている。共同制作でなくオリジナルなのであれば、それは当然のことだろう。

1990/11/24 ウィーン2

ウィーン二日目。
この日も午前中のうちに幾つかやらなければならないことがあって、バタバタした。せっかくの旅行、すぐにでも観光したいのになかなか出来ない。

それもこれもすべて個人旅行のせい。
調べたり、予約をしたり、チケットを買ったり、といった手配や手続きを全部自分で、しかも直接そこに出向いてやらなければならない。

今だったら、こうしたものは全部ネットで済ますことができるのにね・・。
考えてみれば、世の中、年々進化し、便利になっているわけだねぇ・・。

まず、最終日に鑑賞予定の「エフゲニー・オネーギン」のチケットを買うために、フォルクス・オーパーに出向いた。チケットは余裕。有り余っていた。
次に、毎週日曜日の朝に行われるホーフブルク王室礼拝堂でのミサ観覧チケットの手配。あの有名なウィーン少年合唱団がそこで歌うことで有名だ。
最後に、ブルク劇場での劇場巡りガイドツアーの参加申込予約。

以上の手続きを済ませ、ようやく観光開始。

最初に訪れたのは、ヨハン・シュトラウス像があることで有名なウィーン市立公園。前回も訪れているが、園内にあるブルックナー像を見落としていた。ここはひとつ、ブル先生にご挨拶しないと、私としては気が済まない。

それにしても、前回ウィーンを訪れたのは夏。公園内は明るく、花壇の花が美しく咲き、樹木も繁って、とても気持ちが良かった。
それに比べ、晩秋のヨーロッパ。樹木の葉は枯れ落ち、寒く、寂しく、なんとも物悲しい。

その後、世界的な美術館であるウィーン美術史美術館とベルベデーレ宮殿内にあるオーストリア・ギャラリーを訪れ、ひたすら絵画鑑賞。芸術の秋を堪能。

 

2022/9/17 N響 C定期

2022年9月17日  NHK交響楽団 C定期演奏会  NHKホール
指揮  ファビオ・ルイージ
エヴァ・スタイナー(オーボエ
R・シュトラウス  交響詩ドン・ファンオーボエ協奏曲、ばらの騎士組曲


ルイージは多分シュトラウスが好きだし、得意なのだと思う。彼のタクトを眺めていて、そう感じる。シュターツカペレ・ドレスデンとの録音もあるみたいだし、そのシュターツカペレ・ドレスデンとの来日公演でシュトラウスを演奏したこともあるし、そうした自信もあるだろう。タクトが実に手際が良い。

この日の一曲目ドン・ファンでは、なんかオーケストラとしっかり噛み合っておらず、ちぐはぐな印象を受け、「あれれ? おやおや?」と思った。なぜだろう。私の耳がおかしかったのか、何かの先入観を持って聴いてしまったのか・・。

メインのばらの騎士では、一転してシュトラウスの絢爛たる管弦楽法を全開に打ち出し、美麗なうねりを生み出していた。そうそう、これこれ。
やっぱり、ルイージはオペラ作品になると、更に扱い方に優れて、グレードが上がるんだな。
ふと、2007年ザクセン州立歌劇場来日公演で振ったばらの騎士を思い出した。


そういえば、ルイージのオペラは2011年6月、メトロポリタンオペラとの来日公演以降、お目にかかっていない。東日本大震災原発事故という大変な年に日本に来てくれた、あの時だ。
あれからもう11年も経っている。またルイージが振るオペラをぜひ観たいものだが、そのチャンスは巡ってこないものだろうか・・。


スタイナーのオーボエは、美しい音色で魅了。デンマーク国立管の主席奏者ということで、きっと同オケの首席指揮者を務めるルイージのおメガネに適ったのだな。

シュトラウスのコンチェルト、作品の中で、オーボエのソロ旋律を影で優しく支えるヴィオラのソロがある。
私としては、演奏終了後、指揮者でもソロ奏者でもいいけど、ぜひこのヴィオラを称え、握手するなり起立させるなりしてほしいところ。

でも、何も無し。いかんですなあ(笑)。

オーケストラを見ていたら、ヴィオラ主席の周辺、隣りの次席奏者や、チェロの1プルトの人たちなどが「ナイスでしたよ!」と声をかけていて、これにヴィオラ主席も満足そうに笑顔で応えていた。

いいですね、仲間って。

2022/9/16 東京フィル

2022年9月16日  東京フィルハーモニー交響楽団   サントリーホール
指揮  アンドレア・バッティストーニ
リスト  巡礼の年第2年イタリアより ダンテを読んで
マーラー  交響曲第5番


バッティストーニと言えば、情熱の指揮者である。イタリア人だし、若さもあって、エネルギー、衝動がとにかく大きい。これは単なるイメージではなく、実際にそういう熱い演奏をこれまでも何度も聴いてきた。
だから、この日のマーラーも、まさにそういう演奏が繰り広げられるのかとばかり思っていた。

相変わらずタクトは激しい。そういう意味では、やはり情熱の指揮である。
しかし、音楽そのものは意外なくらいに整然とし、洗練されていることに驚く。
これは今回の新鮮な発見であった。

つまり、本番ではタクトをブンブンと振り回しているが、リハ段階での音楽の作り込みが非常に丁寧で、スコアの解析もしっかり行っているということだろう。各パートの音色や響きがクリアに浮かび上がってくるので、作品の構成が手に取るように分かる。更に、スコアの解析だけでなく、第1楽章から第5楽章に向けて、悲嘆から希望への道筋とドラマもきちんと描いているのだ。
いや驚いた。やるじゃないか、バッティストーニ。


驚いたこと、もう一つ。
第一ホルン奏者の音が非常に強靭であったこと。
失礼だが、東京フィルの奏者からこのような音が出てくるとは意外で、びっくりだ。
以前も言及したことがあるが、日本と海外のオケ、特にドイツ系オケとで、明らかに鳴りの音にレベル差を感じてしまうのが、ホルン。これはもう、技術というより、モロ「がたい」の差なんじゃないかと思うくらい敵わないと思っていたが、文字通り吹き飛ばした感じで、爽快だった。お見事でございました。


こういう立派な演奏が繰り広げられたというのに、演奏が終わった後、盛大なブラヴォーが飛び交わないなんて・・・。

「感染予防対策のため、ブラヴォーなどの掛け声はお控えください」
いったい、これ、いつまで続けるつもりなのか。
仮に感染が収まったとして、誰か、タイミングを見計らって、解禁の宣言をするのか。
誰がやれるんだ、そんなこと。
しかも、コロナは完全死滅しない。そうである以上、リスクの責任は誰も取れない。

ということは、この美しい風習は過去の遺物として消えゆくのか。

嘆かわしい。文化の滅亡だね。