クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2015/5/5 ケルン

この日の朝の時点で、私はまだドイツ鉄道事情の異変にまったく気づいていない・・・。
 
 もし天気が良ければ、私はものすごく久しぶりにライン川下りでもしようと思っていた。あまりにも定番すぎる観光だが、ダイレクトにケルンに向かうより良いプランだと思った。フランクフルトからリューデスハイムまで電車で向かい、そこから船に乗り、ザンクト・ゴアルスハウゼンで再び鉄道に乗り換えてケルンに向かう・・・。
 
 当日の朝、起きて空を見上げると、今にも降り出しそうな曇り空。天気予報を見ると、午前中は雨。あっちゃー。これじゃあライン川下りは台無しだなあ。
 予定を変更し、ケルンに直接向かうことにして、駅の自動販売機で切符を買った。
 
出発案内掲示板を見上げて、びっくりした。私の電車がキャンセルになっているではないか。おいおい。
すぐにカウンターに行って、別の電車に振り替えてもらった。
 
この時点でも、私はまだ鉄道事情の異変にまったく気づいていない・・・。
 
 だって、別の電車に振り替えてもらえたのだ。つまり動いている電車はあったのだ。私の電車がたまたまキャンセルになっただけだろう。その程度の認識だった。
 
 ケルンに到着し、ヴァルラフ・リヒャルツ美術館で美術鑑賞。少々遅めのランチで名物ケルシュビールが飲める老舗の店に入り、しこたまガブ飲み。次々と杯を空けていく。だってケルシュってこんな小さなグラスで飲むものなのだ。
イメージ 1
 
すっかりほろ酔いでフラフラとホテルに戻り、夜の公演に備えて仮眠。いやー、気分がいい。最高。
 
私はドイツ鉄道事情の異変にまったく気づいていない・・・。
だが、翌日、私は思い知ることになる。ついにストの影響に巻き込まれることになる・・・。