クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2012/5/18 日フィル

2012年5月18日  日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会   サントリーホール
指揮  アレクサンドル・ラザレフ
上原彩子(ピアノ)
ラフマニノフ  ピアノ協奏曲第3番
 
 
 ロシア出身の演奏家は、まさに広大な大地のイメージのごとく、懐が大きくて豪快な演奏をする人が多い。(指揮者もソリストも、そしてオケも)
 そんな中、どちらかというと線の細い上原彩子が過去においてチャイコフスキー国際コンクールを制覇しているというのは、やや意外ではある。
 この日のラフマニノフも、およそスケール感のある雄大な演奏とは言いがたい。聴いている人によっては、音量や迫力に欠ける彼女の演奏を物足りなく感じるかもしれない。
 だが、彼女自身がそこを目指していないのだから、これは仕方がない。彼女は彼女なりに考えた結論として、均整の取れた繊細なラフマニノフ像へのアプローチを試みたのだ。この演奏を楽しむためには、我々が刷り込まれている既成のラフマニノフ演奏のイメージをいったん白紙にしなければならない。
 
 ただし、それでもなお残念だったのは、彼女の一生懸命さは伝わりつつも、伴奏を務めたラザレフの解釈とはまるで異なっていたことだ。特に最終楽章は危うくて、聴いていてヒヤヒヤした。スリリングなライブと言えば聞こえがいいが・・・。
 
 それに比べてメインの交響曲の素晴らしかったこと!指揮者の思惑どおりの音楽がストレートに展開された結果、会場はまさにラザレフの独演会に。説得力があるので、聴いていてすっきり爽快。いやあラザレフ最高!!
 
 私は日フィルのコンサートに頻繁に行っているわけではないが、いざ行ってみると「オケの技術的未熟さにがっかり」ということが以前はけっこうあった。
 最近はすっかり首席指揮者であるラザレフのコンサートくらいしか行かなくなっているが、だいぶ改善されているような気がする。ラザレフが鍛え上げた成果であろうか。この日もチャイコも、そうした技術的な問題でハラハラすることはほとんどなく、ラザレフの躍動する音楽に100%集中することが出来た。
 
 実はまだ聴いていないのだが、首席客演指揮者のピエタリ・インキネンとのコンビもかなり良いという噂ではないか。
 
 ついにいよいよ日フィルの時代がやってくるのであろうか!?
 
 そんな前途洋洋の日フィルに一つだけ文句を言いたい。それはチケット。
 
 いったいどういう風に売っているのか知らんが、サントリーホール公演では最低席のP席と一つ上のC席は毎回定期会員でほぼ売り切れになり、1回券の売り出し段階でこれらの席は最初から発売されないか、もしくは僅少。少しでも購入が遅れると、もう5千円以上の高い席しか残っていない。N響、読響、都響、東響、東フィルなどで安い席を買おうと思ったら、それほど慌てなくてもだいたい2、3千円で買えるというのに、いったいどういうこと??なんとかしてくれんかのう・・・。