クラシック、オペラの粋を極める!

海外旅行はオペラが優先、コンサートが優先、観光二の次

2011/6/11 東響

2011年6月11日  東京交響楽団定期演奏会  サントリーホール
指揮  クシシュトフ・ウルバンスキ
諏訪内晶子(ヴァイオリン)
シマノフスキ  ヴァイオリン協奏曲第2番
 
 
 収穫のあった演奏会だった。
 収穫その一。
 諏訪内さんが独奏を務めたシマノフスキのコンチェルト。この曲は以前からCDによる録音演奏で耳にしているのだが、これまでちっともいい曲だと思わなかった。パッとしない。つまらない。
 そんな感じだから、ろくに頭に入っていない。この演奏会の前にも再度聴いてみたけど、印象は同じだった。
 
 ところが、だ。
やっぱりライブで聴くと違うもんだ。私はこの曲に開眼した。きっと演奏が良かったのだと思う。諏訪内さんの演奏は知的で理路整然。あたかも、色、図、写真などがふんだんに使われた分かりやすい参考書に出会ったかのようだった。もやもやが解消し、苦手な科目の勉強が一気にはかどったかのようなすっきり気分。
 私はコンサートから帰宅し、さっそくCDを再度聴いてみた・・・が。 依然としてパッとしなかった(笑)。
 こりゃCDの演奏が悪いんだな。今度、別のを買ってみるとするか。
 
 収穫その二。
 指揮のウルバンスキ。若い。まだ20代だってよ。普通、指揮者という職業においては、20代なんつうのはガキだ、ガキ。いきがっていることが多い。なまじ体はよく動いて力がみなぎっているから、腕を大きく振って、全部の音を手中に収めたがる。
 
 ところが、だ。
 この若者、腕の力でなく、表情だったりタクトのちょっとしたニュアンスによって音を引き出している。ショスタコの難曲を完全暗譜していて、オケへの合図も抜かりがない。もちろん、ここぞというところで駆使するダイナミックな腕の動きから導き出されるフォルテの威力も十分。
「この指揮者、ひょっとしてやるじゃないか」
 いち早く気が付いたのは、観客ではなく、オケの奏者たちだ。見るからに「とりあえず、この若きマエストロに付いていってみよう。」という気になっていた。全体の方向性が定まった時の東響の合奏能力の高さは定評がある。こうして見事なショスタコの出来上がり。
 
 ウルバンスキ、既にスウェーデンアメリカの地方オケのポストを得ているそうだ。この才能の獲得、早いもんがちとみた。スダーンの後継候補として、とりあえずつば付けておいてもいいのではないでしょうか、東響さん。(もっとも、スダーン体制はもうしばらく続けて欲しいですが。)